エンタメVIP速報

芸能関係のエンタメ情報や国内・国外問わず最近起きたニュース、イベントやその日にあった日常のちょっとした事など、なんでも発信していくので、新聞の代わりに見て楽しんで下さい\(^o^)/
後たまに、、、予測不可能な記事も、、、

    タグ:青汁王子

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    明日花 キララ(あすか キララ、1988年10月2日 - )は、日本のタレント、モデル、元AV女優。 AV女優活動当時のプロフィールでは、東京都出身としていた。キラティス所属。 2007年12月21日、『明日花キララ ミラクル美乳』(h.m.p)でAV女優デビュー。 2009年3月25日、スカイパーフェクTV
    101キロバイト (7,904 語) - 2022年8月18日 (木) 16:27

    (出典 kiratis.jp)


    エロい

    1 ひかり ★ :2022/08/19(金) 15:24:06.05ID:CAP_USER9
     ユーチューバー・ヒカル(31)が19日、自身のツイッターを更新。お笑いタレント明石家さんま(67)とのツーショットを投稿した。

     ヒカルは、さんまが自身の肩に密着する写真を公開し「さんまさんとお会いできて何時間かお話しさせていただきました。話せば話すほどとにかく人としてデカすぎて感動しました。なんていうか全てがかっこよかったです」と投稿。写真掲載の許可を得ていることも明かし「この日のエピソードはまたいつかYouTubeで話します」とつづった。

     インスタグラムにも「とてつもなく凄い方とお会いできた 夢のような時間で今日仕事早いんやけど寝不足の価値が余裕である 幸せだった」と投稿。タレントの明日香キララ、「青汁王子」こと実業家・三崎優太氏と4人で撮影した写真も公開し「なんていうかずっとテレビで見てきた人でテレビ大好きで育った俺からするとレジェンドすぎて感動したし興奮した 夢のような時間で忘れられない1日 めちゃくちゃ面白い話たくさんあるから早くみんなに共有したい」とつづるなど、感激したようすだった。

     大御所との仲睦まじい2ショットに「え!?すごすぎない」「ヒカルがここまでの次元の人になるとは想像もしなかったな。YouTubeってすげぇのな」「テレビに出る芸人としてはYouTubeは敵、と言っていたさんまさんが時代に合わせた、というか認めたというかなんというか。心が動く瞬間だと思う」「びっくりが何個あっても足りない笑」「想像を超えてきた」と驚く声が多く寄せられた。


    スポニチ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d2445ad8ba901014f48663cfb3e9f31a9778106e

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)

    【明日花キララ「アナル舐めてあげる お尻出して?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    東谷義和 (ガーシーからのリダイレクト)
    )は、日本の政治家。元YouTuberで、YouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』を運営していた。アパレル会社QALB(カルブ)元社長、元実業家、NHK党所属の参議院議員(1期)。愛称はガーシー。身長180 cm。血液型はA型。2022年時点ではアラブ首長国連邦ドバイに滞在している。兵庫県伊丹市出身。
    49キロバイト (6,489 語) - 2022年8月8日 (月) 01:39

    (出典 www.nagoyatv.com)


    (笑)

    1 muffin ★ :2022/08/08(月) 01:09:59.98ID:CAP_USER9
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4369964/
    2022年08月07日 23時45分

    〝青汁王子〟こと起業家の三崎優太氏が7日、自身の公式ユーチューブチャンネルでガーシー(東谷義和氏)と生配信で初コラボ。「おかえりガーシー!チャンネルBAN覚悟の爆弾生コラボ!」とタイトル通りに実名が次々と飛び出す過激な内容となった。
    中略

    これまでガーシーが暴露でさらしたライバーの飯田祐基元会長やてんちむ、ヒカル、綾野剛、新田真剣佑らとのその後についての話題となった。

    ガーシーは飯田氏とは1分間格闘技「Breaking Down」での対戦、てんちむとは「和解したが、次にまた何か問題があったらいく」、綾野と真剣佑には「攻撃続行」を表明。

     特にヒカルは、ガーシーがユーチューバーになって最初に攻撃した相手。和解しているものの、撮影予定だったヒカルがMCを務めるユーチューブチャンネル「賛否両論」の撮影がドタキャンとなっただけに、ガーシーは「2回オファーされて、2回ドタキャンされたわけよ。これに関しては、『?』と思っている部分がある。(ヒカルから)送ってきたLINEが『日本に来たらなんでもおごるんで、許してください』と少しカチンときた。1つだけ言っとくぞ。1回くらいドバイまで来い」とヒカルに迫った。

     さらに最近、元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏から攻撃を受けていることに対し「あいつはカネ返さずに逃げてる。フランスまで行って、このへん(鼻がぶつかるくらい)の位置でしゃべってやろうかな」とすごみ、三崎氏が「ノーコメントでお願いします」と引き取る場面もあった。

     最後には、同じくドバイを訪れているNHK党の立花孝志党首から当選証書と議員バッジを渡され、ガーシーはさっそくネックレスに議員バッジを付けて、満面の笑みを浮かべた。

    「参院議員になったからといってキバは抜かない。ユーチューバー界にもこういう人間がいていい」と今後も暴露を続けていくことを改めて宣言していた。


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    【ガーシー「まあぶっちゃけ有名同士が手を組んだ方が儲かるから」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    三崎優太 (青汁王子からのリダイレクト)
    株式会社)創業者。現在は、株式会社みさきホールディングスの代表取締役。 2014年以降、青汁のネット通販が爆発的にヒットして「若手イケメン社長」としてマスコミなどに注目されたことから、ネット上などでは、青汁王子の名で知られる。 北海道札幌市生まれ。北見市で育つ。物心ついた頃は札幌で暮らしていたが、
    22キロバイト (2,611 語) - 2022年7月14日 (木) 16:54

    (出典 k-knuckles.jp)


    (笑)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/07/29(金) 08:23:59.55ID:CAP_USER9
    7/28(木) 16:55配信
    スポニチアネックス

     「青汁王子」こと実業家・三崎優太氏(33)が27日、自身のYouTubeチャンネルでライブ放送を配信。NHK党の比例代表で当選が確定した「ガーシー」として知られる東谷義和氏(50)とのコラボ番組が中止になったことを報告した。

     三崎氏は、ユーチューバー・ヒカル、実業家・与沢翼氏の3人で世相を切る番組「賛否両論」に出演している。東谷氏が住むドバイまで収録に行く予定だったというが「もろもろ番組的に、今ガーシーさん界隈のチャンネルが何か色々あるっていうことで、出来なくなっちゃったんですね」と、中止になったことを説明した。

     東谷氏は現在、YouTubeのメイン・サブチャンネル共に利用できない状況にある。また、ゲストで出演した関係者の動画や、自身の“切り抜き”動画も次々とBANされたことを明かしている。

     三崎氏は「僕は全然したいんですけど、番組側で難しくなってしまって。そういうピンチのときに、突き放すみたいになったことは、本当に申し訳ないと思っていて。自分も昔、そういうことを散々されたんで、イヤなんですよね。だから、何か協力できることはしたいと思ってます」と、話していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a9138548e06a9841769b0060405658f9d05eb922

    【青汁王子「俺は自分さえ儲ればいいんだよ〜」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    三崎優太 (青汁王子からのリダイレクト)
    株式会社)創業者。現在は、株式会社みさきホールディングスの代表取締役。 2014年以降、青汁のネット通販が爆発的にヒットして「若手イケメン社長」としてマスコミなどに注目されたことから、ネット上などでは、青汁王子の名で知られる。 北海道札幌市生まれ。北見市で育つ。物心ついた頃は札幌で暮らしていたが、
    22キロバイト (2,611 語) - 2022年6月30日 (木) 14:21

    (出典 i.tuber-ch.com)


    こわいな

    1 muffin ★ :2022/07/01(金) 20:37:03.45
    https://yorozoonews.jp/article/14658905
    2022.07.01

    起業家でユーチューバーとしても活躍する「青汁王子」こと三崎優太氏が1日、自身の公式YouTubeチャンネルで動画を配信。一部で報じられた自殺未遂騒動について語った。

    三崎氏は冒頭「以前からとても追い詰められていて、5月20日に人として間違ったことをしてしまいました」と、自殺未遂で搬送されたことを説明。「今回、思い詰めてしまった原因は、3月2日からあるユーチューバーに毎日毎日、執拗に誹謗中傷の動画を上げられたことが原因です」と告白した。

    誹謗中傷の被害について「3カ月で約150本、ほぼすべてが事実無根で私を攻撃するためだけに作られた公益性のない動画でした」「執拗な付きまといや、家族にまで迷惑を掛けてしまった。関係のない第三者まで巻き込まれてしまった。食べ物ものどに通らなくて、動画を撮っていてもどこか上の空で、自分が自分じゃないようでした」と報告。「その動画には、あろうことか広告が付いています。そのユーチューバーは160万円もの収益を上げています」と怒りをにじませた。

    さらに「24時間体制で監視され、まるで人権なんてないような気分になる。家族の住所、家族の再婚相手までさらされた。弁解したとしても1日平均2本以上の誹謗中傷動画を上げられるので、キリがありませんでした」「この誹謗中傷地獄から逃れるには、命を絶つしかないと思うようになりました」と述懐。終盤では涙を浮かべながら、被害を強く訴えた。

    関連
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/07/01/kiji/20220701s00041000403000c.html

    誹謗中傷については現在、渋谷警察署で正式に事件として捜査しているという。三崎氏は約1カ月の療養を経て「ようやく冷静になった」といい、今後は「また楽しい動画投稿をして、みなさんに夢や希望を与えられるような存在になりたい」と再出発を誓っていた。


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    【青汁王子「アイツにやられた・・・アイツに・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    三崎 優太(みさき ゆうた、1989年〈平成元年〉3月29日 -)は、日本の実業家、YouTuber、タレント、アイドル (SNiii解散)。 北海道北見市出身。クラーク記念国際高等学校卒業。株式会社メディアハーツ(現:ファビウス株式会社)創業者。現在は、株式会社みさきホールディングスの代表取締役。
    22キロバイト (2,621 語) - 2022年5月10日 (火) 06:32

    (出典 president.ismcdn.jp)


    (泣)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/21(土) 05:37:57.50

    5/21(土) 5:15
    東スポWeb

    【本人告白】〝青汁王子〟三崎優太氏が語る救急搬送の真相 誹謗中傷で心が折れた…
    取材に応じた三崎優太氏(東スポWeb)
     いったい何があったのか。青汁王子こと起業家の三崎優太氏(33)が20日未明、東京・渋谷の自宅から昏睡状態で救急搬送された。直前には意味深なツイートを連続投稿していただけにネット上では心配の声が上がったが、病院から自宅療養で戻った三崎氏が取材に応じ、騒動に至った真相を激白した。


     三崎氏は20日午前2時30分、書斎で倒れているところを警察や救急隊、三崎氏のユーチューブ担当のディレクターA氏らに発見され、すぐさま救急搬送された。傍らにはお酒と錠剤が散らばっており、さらにA4で13枚にもなる「遺書」が机の上に置かれていた。
     
     昏睡状態だった三崎氏の意識が回復したのは12時間たってからのこと。命に別状はないというが、20日夕には救急搬送されたとの報道が出て以降、SNS上で三崎氏の発信がなかったため、安否が心配された。

     記者もすぐさま連絡を取ったが、三崎氏からは「ご迷惑とご心配をおかけしました」との返事があったきり。その後、深夜になって、三崎氏自ら取材に応じた。

     三崎氏は昏睡状態に陥る前の最後のツイートで「150本以上の誹謗中傷をされたら、一般の人は自*てもおかしくないです。本当にどうかと思います」と深刻な状況を投稿していた。三崎氏によれば、とあるユーチューバーX氏による執拗な誹謗中傷と嫌がらせ行為が始まったのは今年3月のことだ。
     
     2019年に脱税事件後、週刊誌とウエブ記事で「反社とのつながりがある」と報じられた三崎氏は名誉毀損で訴訟し、3月には週刊誌に対し、勝訴した。X氏の攻撃が始まったのはこの動きと前後しており、三崎氏への攻撃はエスカレートする一方だったという。

    「同級生をギターで殴って、頭蓋骨骨折させる傷害事件を起こした」と事実無根のデマを流され、いわれなき過去を掘り下げられ、その攻撃の矛先は会社や家族にも及んだという。三崎氏はユーチューブ側にX氏の違反行為を何度も通報するが、対処されないまま時は過ぎるばかり。今月になってからは渋谷署に刑事告訴し、捜査も始まっていたというが、X氏の行為は全く止まる気配はなかったという。

     三崎氏は「自分のことだったら我慢すればいいが、地元の北見にまで訪れ、妊娠している妹の過去や家族のことまで誹謗中傷して、明らかに異常」と精神的に折れてしまったという。遺書の最後には「自分の命を持ってでも誹謗中傷に対する法改正がより加速し、厳罰化が進み、そして誹謗中傷で苦しむ人が減ってくれることを願っています。自分の人生に悔いはありません」とまでつづっていた。

     三崎氏は「ユーチューブというプラットホームに1日2本以上、事実無根の動画を流された。何か月にわたって、SOSを出しても対応してくれない。誹謗中傷地獄から抜け出すために僕ができる選択肢はこれしかなかった。一石を投じたかった」と声を絞り出した。
     
     なんとか一命は取りとめ、正気を取り戻した三崎氏。「病院に訪れた警察の人からは『告訴を受理し、一生懸命捜査しています。命を落とす選択ではなく、戦いましょう』と励まされ、ファンからもたくさんの応援メッセージを見て、頑張らないといけないと思った」と前を見据えた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ab5224147c3b9f446bed4aa6c5b6f7691316ffb3


    【三崎優太「もうこの場所に立つ事ができないかもしれない 俺はここまでなのかもしれない」】の続きを読む

    このページのトップヘ