エンタメVIP速報

芸能関係のエンタメ情報や国内・国外問わず最近起きたニュース、イベントやその日にあった日常のちょっとした事など、なんでも発信していくので、新聞の代わりに見て楽しんで下さい\(^o^)/
後たまに、、、予測不可能な記事も、、、

    タグ:足

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    加藤 紗里(かとう さり、1990年(平成2年)6月19日 - )は、日本の元女性タレント、元レースクイーンである。 広島県出身で、2006年に姉の茉里と、第38回ミス日本コンテスト中国・四国代表となる。広島でキャンペーンガールなどを務めたのちに大学を中退して上京し、女性ファッション雑誌「GLiA…
    12キロバイト (1,313 語) - 2022年9月8日 (木) 17:09
    やば、、、
    反社やん(笑)

    1 フォーエバー ★ :2022/10/01(土) 08:43:15.19ID:CAP_USER9
    [2022年10月1日5時1分]

    加藤紗里のインスタグラムより
    タレントの加藤紗里(32)が30日、インスタグラムを更新。”全身タトゥー”姿を披露した。

    加藤は「この度、タトゥースタジオのプロデュースを始めました!」と報告。「ロゴは紗里の大好きなヤモリ」と、ヤモリのタトゥーを背中に入れた写真をアップし、「入れ墨だけぢゃなく予約でヘナタトゥーもできるのでぜひ」とPRした。

    その後の投稿でも、足や腕、尻などに入れた様々なタトゥーを披露。「ついに全身タトゥー」とつづった。

    加藤は昨年、前腕に彫り入れた巨大な毒蛇のタトゥーや、生まれたばかりの愛娘のために入れたという「百合の紋章」のタトゥーなどを披露したことでも話題に。「子供が可哀想」などと批判的なコメントも寄せられたが、「日本は遅れてるからタトゥーが否定されるのは仕方ないかもだけど、、、他人に文句ゆわれる筋合いはないし自分の人生なんだからいれたきゃいれたらいいと思う!!」と反論していた。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202209300001548.html


    (出典 www.nikkansports.com)



    (出典 www.nikkansports.com)

    【加藤紗里「お尻にと胸にも全部タトゥー!!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    河瀨 直美(かわせ なおみ、1969年5月30日 - )は、日本の映画監督。奈良県出身・在住。平城遷都1300年記念事業協会評議員。なら国際映画祭エグゼクティブディレクターを務める。 メディア等では河瀬 直美とも表記される。 奈良県奈良市紀寺町出身。身長167cm。奈良市立一条高等学校卒業。中学時
    16キロバイト (1,797 語) - 2022年4月17日 (日) 01:34

    (出典 www.soup-stock-tokyo.com)


    え、、、

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/28(木) 09:46:31.45

    4/28(木) 9:42配信
    デイリースポーツ

     映画監督の河瀬直美氏が28日、自身の作品などをプロデュースする「組画」の公式HPで、27日に文春オンラインで報じられた暴力行為疑惑について詳細を説明した。

     文春オンラインは「河瀬直美監督の『腹蹴り』でカメラマンが途中降板していた」というタイトルの記事を報じていた。

     「組画」HPによると、3年前の広島での撮影の際に河瀬監督は10キロ近いカメラを担いでエスカレーターで撮影していたが、俳優の演技が終わったタイミングで助手が河瀬監督の補助器具を引っ張って誘導しようとしたところ、「咄嗟のことで河瀬は重心を保てず、転倒しそうになりました」という。

     「両手が塞がって自由が効かない河瀬にとって、急な体の方向転換は恐怖でしかなく、防御として、アシスタントの足元に自らの足で抵抗しました」と状況を説明し、「その後、現場で起こった出来事を両者ともが真摯に向き合い、話し合った結果、撮影部が組を離れることになりました。撮影を継続させるための最善の方法だと双方が納得した上でのことです」とも記されている。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ddcb5144455383c28805ff46cb07085f2b894d6c


    【河瀬直美監督「ん? 舐めたい? 親指と人差し指の間を舐めろ」】の続きを読む

    このページのトップヘ