エンタメVIP速報

芸能関係のエンタメ情報や国内・国外問わず最近起きたニュース、イベントやその日にあった日常のちょっとした事など、なんでも発信していくので、新聞の代わりに見て楽しんで下さい\(^o^)/
後たまに、、、予測不可能な記事も、、、

    タグ:小島瑠璃子

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。ホリプロ所属。 千葉県市原市出身。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプ…
    43キロバイト (5,814 語) - 2022年10月3日 (月) 02:40
    こじるりやったらどんな所でも成り上がりそうや、、、

    1 jinjin ★ :2022/10/03(月) 22:32:16.39ID:CAP_USER9
    中国で「本当に人気のある日本の芸能人」ベスト10
    小島瑠璃子さんが成功する「カギ」とは


    《皆様にお伝えしたいことがあります。中国での活動を見据え、来年から中国の大学に留学します》

    バラエティーで活躍する女性タレント・こじるりこと小島瑠璃子(28)は、末広がりの8月8日に先述のメッセージをツイッターに投稿した。

    こじるりといえば、中国の春秋戦国時代を舞台にした歴史漫画『キングダム』のファンとしても知られ、同作作者の原泰久氏との熱愛・破局が報じられた女性タレント。
    日本では、彼女と中国はただならぬ関係になっているイメージだが、実際のところ、こじるりが中国に進出した場合、人気を獲得できるのだろうか。

    「小島さんは、中国でまったく無名というわけではありません。これまでも中国のファッションSNSアプリ『小紅書(以下、RED)』や投稿型メッセージSNS『微博(Weibo)』でしばしば口コミ情報が投稿されていました」

    そう話すのは、クロスボーダーネクスト・CEOの何暁霞(カ・ギョウカ)さん。
    同社では、日本の企業や芸能人の中国向けSNSマーケティングのサポートを行っているため、こじるりの「中国留学宣言」に対する反応を、SNS上で目にしたという。

    「今の中国は世界屈指の資本力がある国なので、ビジネス面で考えれば正しい選択といえます。ただ、中国のインフルエンサーたちは、彼女がなぜそこまで中国のエンタメ業界に参入したがっているのか不思議に思っているようです。『日本で普通に売れているのに』と」


    そもそも中国における“日本の芸能人”は、どのような位置づけなのだろうか。
    中国のSNSで、日本の芸能情報を発信している中国人ジャーナリストの第七(セブン)さんは、かつては日本のドラマをきっかけに人気を博す芸能人もいたが、「今の中国には日本のタレントを特別視する土壌はない」と話す。

    「中国人が日本のドラマや映画をよく見るようになったのは、インターネットが普及した1990年代後半~2010年代。当時の中国のドラマは質が悪く、日本のドラマが大人気でした。なので、石原さとみさん(35)や新垣結衣さん(34)、綾瀬はるかさん(37)など、ドラマによく出ていて“中国にはあまりいないタイプの美人”は、中国人のファンもたくさんいましたね」

    (中略)



    第1位: 宇野賛多 点数:78.37
    中国の大人気オーディション番組「創造営2021」で勝ち抜き、今年の4月24日にINTO1というグループでデビューした男性アイドル

    第2位:古川雄輝(俳優) 点数:64.74
    中国で、誰もが憧れる男性の意味を表すニックネーム“男神”と呼ばれており、中国でも1000人以上を動員するファンミーティングを行っている

    第3位:木村拓哉 点数:61.39

    第4位:山下智久 点数:59.09

    第5位:嵐 点数:57.68

    第6位:乃木坂46 点数:56.74

    第7位:齋藤飛鳥(乃木坂46) 点数:56.42

    第8位:浜崎あゆみ 点数:51.6

    第9位:野田洋次郎(RADWINPS) 点数:51.13

    第10位:蒼井そら(元セクシー女優) 点数:50.1


    ※微博のインプレッション数・エンゲージメント数・検索回数などの社会的影響力の3つの合計によって算出された数値による調査結果

    全文
    https://toyokeizai.net/articles/-/620628?display=b

    【小島瑠璃子「成功する秘訣は体を売る事♡」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。ホリプロ所属。 千葉県市原市出身。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプ…
    42キロバイト (5,755 語) - 2022年9月19日 (月) 07:19

    (出典 i.daily.jp)


    こじるりも日本の仕事を全て捨てて中国行ったし、是非結果出して頑張ってもらいたい!

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/09/23(金) 11:04:39.72ID:CAP_USER9
    9/23(金) 10:50配信
    スポニチアネックス

    中国留学の小島瑠璃子、帰国については「何も考えてない」と告白 その理由は「一回全振りしないと」

     タレントの小島瑠璃子(28)が22日放送のMBSテレビ「かまいたちの知らんけど」(木曜後11・56)にゲスト出演。中国留学前では最後となるバラエティー番組出演となった。

     「かまいたち」の濱家隆一から「中国に行って何すんの?」と聞かれ、小島は「一番最初に大学に入ろうと思って。大学で勉強して、向こうで暮らしてみて、いろいろ考えてることがあるんですけど、何ができるのか、何をやりたいのかを勉強しながら考えようと思ってます」と構想を口に。さらに留学先に中国を選んだ理由について、「3年ぐらい前から友達に誘われて中国語の勉強を始めたんですよ。それで、中国語をしゃべって触れ合う中国人の印象がちょっと変わって。しかも、中国って国もちょっと謎めいてません? 何ができるのか、どんな人たちなのか分からない。でも、物凄く伸びていて、発展していて、可能性がある。だから分からなくて可能性があるってところに惹かれて」と説明した。

     中国では知名度がなく、知り合いもいない小島だが、「一回ゼロになってチャレンジしたい」と前向き。「3年ぐらい前から考えてたんですけど、コロナもあり、タイミングを逃したり、一回行くのをやめようかなと思ったんですけど、やっぱり好奇心がうずいてて。毎月毎月状況が変わるので、行く時期のタイミングはちょっと揉まなきゃいけないけど、日本の仕事は9月末で」と明かした。

     現地で何をするかは未定で、タレント業については「できたらいいなと思ってますけど、本当に何のアテもないので」と苦笑い。いずれ日本に帰ってくるかどうかについても「何も考えてない」そうで、その理由については「一回全振りしないと結果が中途半端になると思って」と強い覚悟をにじませた。その上で「(やりたいことは)10個ぐらいある。ビジネスもやってみたい。苦労してよくて、大変でよくて、辛くてよくて、でもやりたくてっていうのが、私が踏み切ってる理由だと思います」とマジメな口調で語った。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f349e74f4dc508ad6abce72eaf03805024b1f361

    【小島瑠璃子「あ〜あ、何で中国なんて行っちゃったんだろ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。ホリプロ所属。 千葉県市原市出身。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプ…
    42キロバイト (5,755 語) - 2022年9月19日 (月) 07:19

    (出典 www.cyzo.com)


    小島瑠璃子はメンタル強そうやけど、中国とか行くからやっぱり何かあったんかな〜

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/09/23(金) 11:44:34.66ID:CAP_USER9
    9/23(金) 11:18配信
    スポニチアネックス

    小島瑠璃子、13年間の芸能生活を回想「恵まれてた」けど「*ほどつらかったことなんて山ほど」

     タレントの小島瑠璃子(28)が22日放送のMBSテレビ「かまいたちの知らんけど」(木曜後11・56)にゲスト出演。13年間の芸能生活を振り返った。

     小島は「日本の芸能界で*ほどつらかったことなんて山ほどありました。売れないつらさじゃないです」。かまいたちの山内健司が「嫌な人に嫌なこと言われたり?」と聞くと、「ぐらいだったら全然いいんですけど…。もうね、ちょっとね、言いたいけど言えないやつとかありますね」と苦笑い。山内が「芸能界の闇?」と畳みかけると、「闇じゃないですか」と意味深に答えた。

     その上で小島は「つらいことはありましたけど、それにしても恵まれてました。一番は人。芸能界は人ですよね」としみじみ。「多分、私は思われてるほど稼いでないです。給料制なんですよ」と明かした上で、「なので、一番はお金じゃなくて、人と会えてる。DAIGOさんとかさまぁ~ずさんとか、いろんな方に会えてる。プラスアルファ、私と会った時に喜んでくれる人がいるっていうふうになったのが、めっちゃ良かったなと思って」と回想。「『あ、会えた!』って言ってもらえるじゃないですか。そんなことって普通はないじゃないですか。だから、それは本当に良かった。つらかろうか何だろうが、何にも代えられないですね」と笑顔で語った。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f470b2979fe8c0fb224555e584e23ba09f466198

    【小島瑠璃子「辛かったけど、男のお陰で豪遊もできたよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。ホリプロ所属。 千葉県市原市出身。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプ
    42キロバイト (5,748 語) - 2022年8月27日 (土) 03:22

    (出典 static.chunichi.co.jp)


    こじるりはしたたかな精神で成り上がると予想する!

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/08/31(水) 12:40:00.72 ID:CAP_USER9.net
    8/31(水) 12:37
    スポニチアネックス

    小島瑠璃子 「行かなかったら後悔」も中国での挑戦に不安吐露「貯金が尽きるまでに売れなきゃいけない」

     タレントの小島瑠璃子(28)が30日深夜、TOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」(月~木曜深夜1・00)に、プラベートでも仲良しのタレントの指原莉乃(29)とともに出演。中国留学への思いを明かした。

     小島は「3年半前から考えて、コロナで1回ダメかなと思ったけど、やっぱり自分1人でチャンレジしてみたいと思って、これで行かなかったら後悔する気がすると思って、これで踏み切って。コロナ前は半々にしようかなと考えたけど、2年間遅れちゃったし、1回全部置いていってみようと思って」と決断した背景を明かした。

     「問題は貯金が尽きるまでにちゃんと売れなきゃいけないのよ」とも。語学の勉強だけでなく、現地でのタレント業やビジネスなど、仕事をすることも視野に入れているというが、「本当に決めてなくて。向こうに住んでみてから決めようと思っている」と告白。日本のテレビタレントというポジションが中国にはないこともあり、「売れるのムズイし、大丈夫か?って思うの。日本でもライバルはいるけど、明らかに分母が多いから、レベルが違っちゃって」と不安ものぞかせた。

     それでも「自分が話せることとか、伝えられることが年々少なくなっていることもずっと気になっていて、中国に行って自分が感じたこととか、見たこととか、つらいこととか、大変なこともあると思うけど、それも丸ごと人に話せることになったらいいなと思っている」と小島。「もしかしたら中国の人に受け入れてもらえるようなことになったりとか、そういう状況をみんなに見てほしくて。そのためには私がやらないと始まらないから、絶対にそれは実現させることが大前提」としたうえで、日本人も中国人も「ちょっとだけ壁が薄くなればうれしい」と話した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e73b9afc2b2e34dcb600a21afa60ac72af49c362

    【小島瑠璃子「ねえ〜私に貢いでよ」 中国富裕層「・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。ホリプロ所属。 千葉県市原市出身。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプ
    45キロバイト (6,119 語) - 2022年8月13日 (土) 01:48

    (出典 hochi.news)


    いってらっしゃ〜い

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/08/13(土) 10:35:47.32ID:CAP_USER9
    8/13(土) 10:29
    スポニチアネックス

    中国留学の小島瑠璃子が7年務めた「サタプラ」9月での卒業発表「ここで踏み切って頑張ってみたい」

     来年から中国の大学に留学することを発表したタレントの小島瑠璃子(28)が13日、MCを務めるTBS系の情報番組「サタデープラス」(土曜前7・58)に生出演。番組を卒業することを発表した。

     小島は今月8日、ツイッターで「15歳で芸能界に入り、大変なこともあったけれど、笑ってもらうのがうれしくて、楽しくて、仕事に熱中した13年間でした。28歳、一度ゼロからチャレンジしてみようと思います」とコメント。既に移住に向けて日本での活動を少しずつセーブしているとし、コロナ下ということもあり、小島は「具体的な移住のタイミングは世の中の状況をみて判断しようと思います」とした。

     発表後、初の生出演となったこの日、番組エンディングで「来年から中国の大学に留学することにしました」と改めて留学を報告し、「そして非常に寂しいんですが、この『サタプラ』を7年間やらせていただいたんですが、9月24日で卒業させていただきたいと思います」と9月での番組卒業を発表。同じく番組MCを務める「関ジャニ∞」の丸山隆平にも「丸山さん、本当に長い間、ありがとうございました」と感謝した。

     丸山が「そうか、こじるりとは会われへんくなるっていうことか」と寂しがると、小島は「ちょこちょこ帰ってきたりもしたいですし」とポロリ。「ちょこちょこ帰ってくるのか!」という丸山のツッコミに、小島は「どうでしょう?どういうことになるのか今、読めない状況なんですが…」と話しつつ、「思い返すと『サタプラ』も最初、医療番組だったんですよね。途中、スポーツ番組になる段階があったりとか、いろいろな形を経て、7年間やってきたんですが、変わらないのは丸山さんの温かい雰囲気は変わらなかった」と番組の思い出を語り、しみじみ。突然のコメントに、丸山も「ちょっ、ちょい待って。今日、ラストちゃうからな。それ、あんまりここで言い過ぎたらホンマのラストの日が…大丈夫か?泣きそうになってへん?大丈夫?」と“相棒”を心配そうに思いやった。

     さらに、「おなか痛くて、今緊張して…お時間いただくのは初めてなので」と小島。「中国に行こうというのは3年前から考えていて、丸山さんにもご相談したりもしていたんですけど」と実は丸山にも事前に相談していたことを明かし、「ここで踏み切って頑張ってみたいと思います」を前を向いた。

     丸山も「全国の皆さんも応援してあげてください。小島瑠璃子の挑戦ですから。日本からも応援できますから」とエールを送った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c0bd8805831992a60ca030899e7c11fbac990837

    【小島瑠璃子「男たらしなイメージを変える為に中国に行ってきま〜す」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。ホリプロ所属。 千葉県市原市出身。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプ
    44キロバイト (6,018 語) - 2022年8月8日 (月) 06:00

    (出典 www.nikkansports.com)


    ふふ

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/08/08(月) 12:28:34.81ID:CAP_USER9
    8/8(月) 12:12
    デイリースポーツ

    小島瑠璃子、来年中国の大学へ留学 生活拠点を中国へ「一度ゼロからチャレンジ」

     タレントの小島瑠璃子が中国に拠点を置くことが8日、分かった。所属のホリプロが発表した。来年から中国の大学に留学するという。今後も所属はホリプロのままとなる。

     小島はツイッターにも文書を発表。直筆の文書で「中国での活動を見据え、来年から中国の大学に留学します」と報告。「15歳で芸能界に入り、大変なこともあったけれど、笑ってもらうのが嬉しくて、楽しくて、仕事に熱中した13年間でした」と振り返り「28歳、一度ゼロからチャレンジしてみようと思います!」と意気込みをつづっている。

     現在は移住に向けて「日本での活動を少しずつセーブさせてもらっています」という状態。具体的な移住のタイミングは「世の中の状況を見て判断しようと思います」としている。

     移住を理解してくれた事務所関係者や仕事関係者にも感謝を伝え「場所は変わりますが、元気に自分を信じて頑張りますので、これからも見守って下さい」とファンへ呼びかけていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bd6af695f1a36b676905d607297e91fadeb30e77

    【小島瑠璃子「上海で1番有名な漫画の作者を落とすから♡」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。ホリプロ所属。 千葉県市原市出身。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプ
    44キロバイト (5,947 語) - 2022年7月18日 (月) 15:58

    (出典 img.sirabee.com)


    (笑)

    1 伝説の田中c ★ :2022/07/28(木) 20:46:33.88ID:CAP_USER9
     タレントの小島瑠璃子さんが23日に自身のインスタグラム(@ruriko_kojima)を更新し、同日に埼玉スタジアムで開催された浦和レッズとパリSGの親善試合を現地観戦したことを明かした。

     小島さんは「今日はサッカー観戦!#浦和レッズ #vs #PSG」と報告。この試合に向けた浦和の限定ユニフォームを着用し、スタンドで自撮りした写真などをアップした。

     スター選手を擁するパリSGのゲームだったこともあり、フォロワーからは「メッシ ネイマール キリアン・エムバペ セルヒオ・ラモス生で見れていいな!」「めちゃ羨ましい!」といった声が上がっている。

     また、小島さんのユニフォーム姿も大きな反響を呼び、「まさかの浦和レッズ!」「レッズ好きだったんだ」「こじるりさんの赤い服装あまり見たことなかった気がするので新鮮」「いつ見ても美しい!」「サカユニ姿もお似合いで可愛いです」「惚れ惚れする美しさ ずっと眺めていたいです」「可愛いのも程々にして下さい」「試合会場にこんな素敵な女性いたら試合観れない」などのコメントが寄せられた。

     試合はFWキリアン・ムバッペのゴールなどにより、パリSGが3-0で制している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9af1692ef3ba697c66978f94d8f44335ca679238

    【小島瑠璃子「イェーイ! もう好感度はガタ落ちだよ〜!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。ホリプロ所属。 千葉県市原市出身。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプ
    44キロバイト (5,941 語) - 2022年6月25日 (土) 05:30

    (出典 quick-timez.com)


    変態

    1 湛然 ★ :2022/07/03(日) 05:23:02.01
    2022.07.02 デイリースポーツ
    小島瑠璃子ボディーラインくっきりのゴルフウエアに「グラマーで可愛い」「スタイル最高」
    https://www.daily.co.jp/gossip/2022/07/02/0015436381.shtml
     小島瑠璃子のインスタグラム@ruriko_kojimaより

    (出典 i.daily.jp)



     タレントの小島瑠璃子が2日、インスタグラムを更新。沖縄でゴルフをプレーした様子を公開。ボディーラインが強調されたウエアにフォロワーから反響が寄せられた。

     「沖縄でゴルフ!暑過ぎて大変 でも幼馴染達と楽しめました ゴルフと食べ物の写真しか投稿してない 近々お仕事の写真も撮らなきゃ」とつづり、炎天下の中、女性4人でラウンドしたことを明かした。

     小島のウエアはアンダーアーマーのハイネックの長袖シャツに白のスカート。トップスは体に密着する素材で、グラマラスのあるボディーラインが浮き出た。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【小島瑠璃子「ゴルフウェアじゃなくて私のあそこ見てるんでしょ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。ホリプロ所属。 千葉県市原市出身。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプ
    44キロバイト (5,942 語) - 2022年6月12日 (日) 20:34

    (出典 img.sirabee.com)


    こじるり頑張れ!

    1 jinjin ★ :2022/06/09(木) 23:59:02.46
    小島瑠璃子がレギュラー激減 
    “こじるり無双”終焉もイジられキャラで再出発!?


    過去の人気ぶりがうそのようだ。
    3月、タレントの小島瑠璃子(28)が4年にわたってナビゲーターを務めてきた科学番組「サイエンスZERO」(NHK)を3月で卒業。
    さらに「さまぁ~ず三村マサカズと小島瑠璃子の『みむこじラジオ!』」(ニッポン放送)も打ち切りとなり、立て続けにレギュラー番組が減ってしまったのだ。



     小島といえば、10代の頃から大物MCと共演。的確なコメント力や頭の回転の速さで“こじるり無双”と称され、21歳にして約半年間226本もの番組に出演し、ニホンモニターの「2015上半期テレビ番組出演本数ランキング」の女性部門で1位に輝いたこともある。だが、現在テレビのレギュラー番組は残る2本のみ。しかも、ゲストとしてバラエティーに出演する機会もめっきり減ってしまった。まさに栄枯盛衰の激しい芸能界を象徴しているようだ。

    「近年は『筋トレって世界で一番意味分かんない』『太ってる人いないわぁ えらいなぁ』など、批判を浴びる発言も多く“炎上クイーン”と呼ばれるようになりましたね。さらに『(性交渉は)付き合う前にいたします』との持論が物議を醸したこともありました。もともと小島のプライドが高そうなところや上昇志向が鼻につくという視聴者がいたことは否めない。芸能界でも、俳優の中尾彬は『何やっても、私、うまいだろって顔するだろ』と彼女のことを批判した発言したことがありますし、有吉弘行も『知ったかぶりが鼻に付く』と指摘したこともありました」(テレビ情報誌の編集者)


    仕切りのうまさや頭の回転の速さが、タレントイメージとしては“裏目”に出てしまった可能性もある。
    加えて、テレビ露出減の背景には「後輩」の急進もありそうだ。

    「小島が卒業した『サイエンスZERO』の後継は、同じ事務所の後輩である井上咲楽。近年、井上の活躍はめざましく、選挙特番など、以前、小島が担っていたポジションを受け継いでいます。井上の存在に加え、中国進出計画も影響しているかもしれません。小島はコロナ前から中国語を勉強したり、移住すると公言したりしていましたが、1月にもラジオで『数年後、中国で仕事ができる土台を作ります』と意欲をあらわにしていました。こうした発言は『日本を捨てて中国に行く』という印象を与えかねず、好感度にも影響します。番組出演数が増える気配は、今後もあまりないと思います」(前出の編集者)


    鬼越トマホークとの掛け合いが話題

    といっても、もともとバラエティーでの適応力は高い小島。
    このままテレビ出演が減ってしまうのは寂しいところだ。

    「昨年9月に放送された『ダウンタウンDX』での鬼越トマホークとのやりとりも好評でしたね。小島が中国語を習っているという話題になると、鬼越から『元彼に未練があるから習ってるんじゃないんですか?』とイジられ、小島は『付き合う前からやってました』と反論し、『(鬼越とは)もう共演NGにしたい』と主張。さらに、鬼越のケンカ芸に巻き込まれ、止めに入ると鬼越から『お前もうマンガ読むなよ!』『連載終了までおとなしくして』と、強烈なダメ出しを浴び、その後、MCから名前を呼ばれてないのに自身と勘違いして返事をしてしまうなど動揺。そんな掛け合いに、ネット上では『何回見ても面白い』『こじるりと鬼越の絡みがクソ面白い』と称賛の声もありました。イジられキャラに転向すると意外と人気が出るのかもしれません。イジられることで自己主張の強さが薄まります*」(同)

    今後は「弱い部分や悩みをさらしていくのもプラスになる」と言うのは、民放バラエティー制作スタッフだ。


    「昨年、バラエティー番組で、私生活を犠牲にしてテレビの仕事をしてきたことを明かし、『私、誰と結婚したら…?』と悩みを吐露していたシーンが印象的でした。また、3月に放送された番組では、飲食店で間違えて900円の水を頼んでしまい瓶ごと持って帰ったが、後で『ケチなことしちゃったなって。自分にガッカリした』と、反省したことを告白していました。いずれも視聴者が小島のことを苦手とする理由の一つである“ドヤ感”が薄れていて好印象でした。そうした性格が伝わっていけば、徐々に好感度も回復していくかもしれません」

    (中略)


    バラエティースキルは折り紙付きの小島。

    新たな一面をキッカケに再び“無双”する日は訪れるのか、注目したい。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ca46ae27b24aa1c26df62d9e94540e67495decb6?page=1


    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1654615046/

    【小島瑠璃子「こんな事ななるなんて思わなかった・・・笑顔で元気にしとけば芸能界に残れるんじゃないの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。ホリプロ所属。 千葉県市原市出身。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプ
    44キロバイト (5,940 語) - 2022年5月2日 (月) 00:03

    (出典 pbs.twimg.com)


    確かに

    1 muffin ★ :2022/06/12(日) 11:25:21.06
    https://www.oricon.co.jp/news/2238298/full/
    2022-06-12 11:14

    タレントの小島瑠璃子(28)が12日、公式ツイッターを更新。自身に関する一部のネットニュースについて言及した。

    小島については一部ネットニュースで“レギュラー激減”などが伝えられているが、この日、ツイッターを通じて「レギュラー番組の降板や私の今後について色々な憶測が飛んでいますが、お話出来る状況になり次第皆さんに、自分の口で説明します!」と説明。

    記事の詳細には触れていないが「ネットニュースの中に真実はありません」といい「関係者談、も大して近い関係者ではないでしょう。こういう時に直接皆さんと関われるTwitterなどの存在は救われるし大きいです」と思いをつづった。


    (出典 pbs.twimg.com)

    【小島瑠璃子「ネットニュース信じる奴ってさ〜自分の意見持ってない奴の典型だよね」】の続きを読む

    このページのトップヘ