エンタメVIP速報

芸能関係のエンタメ情報や国内・国外問わず最近起きたニュース、イベントやその日にあった日常のちょっとした事など、なんでも発信していくので、新聞の代わりに見て楽しんで下さい\(^o^)/
後たまに、、、予測不可能な記事も、、、



    タグ:分析

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    若槻 千夏(わかつき ちなつ、1984年5月28日 - )は日本のタレント。元グラビアアイドル。結婚前の本名:栗原 千春(くりはら ちはる)。所属事務所はプラチナムプロダクション。 2001年 17歳の時に友人と渋谷109を訪れたところを、現所属事務所からスカウトされる。
    53キロバイト (7,106 語) - 2022年4月19日 (火) 02:26

    (出典 images.merumo.ne.jp)


    若槻千夏頑張れや!

    1 冬月記者 ★ :2022/05/03(火) 06:00:12.90

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ec3a330c3f4b7a916dd93e161e67755b9b1a69b2

    若槻千夏が「ママタレ業界」不動のBIG5を分析…辻希美、小倉優子らは「自己ブランディング力がヤバイ」


     若槻千夏が、5月1日放送の『週刊さんまとマツコ』(TBS系)で、ママタレント業界の不動のBIG5を発表した。

     テレビ関係者へのアンケートも参考にした結果、名前があがったのは辻希美、藤本美貴、ギャル曽根、小倉優子、北斗晶の5人。共通するのは、「自己ブランディング力がヤバイ」ことだという。

     辻については「私生活、何でもあげちゃうブログの女王ママ」として「SNSの使い方がすごいです。YouTubeでルームツアーをするので、全部家の中も見せてくれる」と称賛。

     小倉は「こりん星を捨てたワンオペママ」、北斗は「埼玉に君臨する節約ママ」など個性が際立っているという。若槻は「何をしたか(個性が世間に)わかっている人たちです。それがブランディングなんです」と力説した。

     マツコ・デラックスは「その5人のヤツ(番組、YouTube)、だいたい見てる。私、ママになりたいのかも」と笑っていた。

     若槻の分析にSNSではさまざまな意見が書き込まれた。

    《若槻千夏はママタレを分析してバラエティ一周するんだろうな》

    《若槻千夏さんのママタレ業界分析めちゃ面白かった。この人すごいな》

    《若槻千夏さんのママタレ分析おもしろい》

    「若槻さんは同番組で、イケてるママタレントの登竜門は雑誌『VERY』(光文社)だと説明。前田敦子さん、森泉さんなど同誌に載ることは大きなステータスになっているそう。また、NHK、Eテレに出演すると『自然とCMもついてくる』と明かしていました」(芸能ライター)

     ママタレの影響力は絶大なのだ。


    【若槻千夏「勝つ為にはこうするしかない・・・こうするしかない、、、、、の...」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ^ 青木真也(2016)p25 ^ 青木真也(2016)p25-26 ^ 青木真也(2016)p26-27 ^ 青木真也(2016)p29 ^ 青木真也(2016)p37 ^ 青木真也(2016)p31 ^ 青木真也(2016)p37-38 ^ 青木真也(2016)p38-39 ^ 青木 真也 バウトレビュー
    73キロバイト (9,358 語) - 2022年4月13日 (水) 14:40

    (出典 www.dreamofficial.com)


    武尊頑張ってくれ〜!

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/08(金) 05:58:51.94

    4/8(金) 5:15配信
    東スポWeb

    会見に登場した那須川天心(左)と武尊(東スポWeb)

    【那須川天心VS武尊 運命の邂逅】世紀の一戦に異変あり?〝キック界の神童〟こと那須川天心(23)とK―1のエース・武尊(30)が6月19日に東京ドームで激突する大会のタイトルは「THE MATCH 2022」に決定した。他にもチケットの最高額が300万円になるなど大会の詳細が決まり決戦の機運が高まる中、〝バカサバイバー〟青木真也(38)が黙っているはずもなく毒ガス分析を敢行。当初から「那須川有利」を唱えてきたが、ここにきてまさかの…。

     那須川と武尊は7日の大会概要発表会見に出席した。大会名のほか、フジテレビでの生放送やリングサイドの最前列が日本格闘技史上最高額の300万円になることが決定。ルール面でも前日58キロ、当日62キロの契約体重と「ワンキャッチ・ワンアタック」に加え、3分3ラウンド(R)プラス延長1Rで行われることが正式に発表された。

     両雄は当然、必勝を誓う。武尊が「格闘家として生きた証明になると思う。今までやってきたことすべてを背負って試合をしようと思っている」と意気込めば、那須川も「僕が必ず勝つ。僕の人生の中でも一番大きいことだと思うし、何が何でも勝ちます」と返した。

     この会見に即時反応したのが自称「ナスガワ(那須川)研究家」で「武尊ウオッチャー」の青木だ。対戦が決定した当初、技術面などから那須川の有利としていたが、この日になって「磁場が狂い出している! 確かに当初は那須川が圧倒的有利だと思ったけど、ここに来て異変ありだ」と見事に手のひらを返した。

     長年、両者を見続けてきたバカサバイバーは「簡単に言うと、ここにきて『ストレスの那須川VSイケイケの武尊』っていう構図になってるんだよ」と声をしゃがれさせた上でこう続ける。

    「那須川はここ1~2年、自分との戦いが続いてるんだよ。試合をするにしても『対戦相手のイメージをつくり上げて、試合までのストーリーを組み立てて、その上で戦う』って作業を全部自分でやってるんだ。この間の風音戦(2日)なんてまさに…。スケールは違えど俺もそれをやってる自負があるから、その苦しさを共感できる。そのストレスがピークに来てるように見えるんだよね。一方で武尊は今、相手(那須川)に向かうのが全てって感じじゃん。何かを勝ち取ろうともがいている。守らないで攻めてるんだよね」

     受けて立つより挑むほうが精神的に有利なのは、格闘技の定石だ。さらに「この2人の立ち位置の変化が影響して『中立のリング』だったはずが、武尊のホームになり始めている気がする。どうしても、挑戦する側のほうが応援されるから。このままいくと、当日はファンの声援が武尊を押すんじゃないか」と指摘した。

     最後には判定2―0で辛勝した、風音戦での那須川の異変にも言及。「距離感が若干変わってるように見えたんだよね。キックじゃなくて(転向を見据えて練習している)ボクシングの距離になってるんじゃないか。うーん…。やっぱり武尊有利だなあ」と思案した。

     格闘界きっての理論派でも頭を抱える至高の一戦。全く先は読めないが、最後に笑うのは――。

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220408-04114118-tospoweb-000-4-view.jpg
    https://news.yahoo.co.jp/articles/68440f7fa82ec76fe110669e3280ab9613a7021a


    【青木真也「武尊が勝つよ、絶対に」】の続きを読む

    このページのトップヘ