エンタメVIP速報

芸能関係のエンタメ情報や国内・国外問わず最近起きたニュース、イベントやその日にあった日常のちょっとした事など、なんでも発信していくので、新聞の代わりに見て楽しんで下さい\(^o^)/
後たまに、、、予測不可能な記事も、、、



    カテゴリ:芸能関連 > 漫画家

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    西原 理恵子(さいばら りえこ、1964年11月1日 - )は、日本の漫画家。一般財団法人高須克弥記念財団理事長。 高知県高知市出身。1988年『ちくろ幼稚園』でデビュー。前夫はカメラマンの鴨志田穣、パートナーは高須クリニック創業者で東京院院長の高須克弥(事実婚)。代表作は『ぼくんち』、『毎日かあさん』など多数。
    56キロバイト (8,663 語) - 2022年6月9日 (木) 05:14

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (泣)

    1 muffin ★ :2022/06/09(木) 14:10:19.67
    https://www.cyzo.com/2022/06/post_312242_entry.html

    (出典 i.imgur.com)

    2022/06/08

    主婦の日常生活や子育て描いた漫画『毎日かあさん』の作者・西原理恵子氏の娘が、母親の“毒親”ぶりをネットで告発。“育児漫画や育児エッセイで子どもをネタにすること”の是非を問う議論に発展している。

     不満を漏らしたのは、西原の娘・鴨志田ひよさん。当該のブログは公開後、ほどなくして削除されてしまったが、ひよさんは自分のプライバシーが作中でネタとして使われたことに不満を抱いており、これが話題になるとTwitterには、

    「子どもや身内をネタにしたエッセイや漫画やってる人、一度立ち止まって考えた方がいい」
    「西原さんの漫画、すごく共感できるところもあって私は好きだったんですが、娘さんにこれだけ影響が出ていると知ってちょっと考えてしまいます」
    「プライベートを切り売りして子どもたち大丈夫なのかな、と心配していたことがやっぱり現実になっていたのだなあ」

    といった意見が寄せられた。西原ファンの編集者は言う。

    「西原はギャンブルを題材にした無頼系の作品、いろいろな場所に行って体験したことを書く体験系の作品、そして身の回りのほのぼのとした日常を描く作品と、複数の作風を使い分けるスタイルで知られていますが、共通しているのは身の回りの人間をそのまま登場させること。アルコール依存症で亡くなったカメラマンの夫・鴨志田穣も作中に再三再四登場し、その失態がことごとくネタにされていました」(週刊誌編集者)

     そのような作風の漫画家と結婚すれば、作品でネタにされるのもある程度は納得ずくかもしれない。でも、物心のついていない子どもはまた別の話だ。しかも、家族を題材にした『毎日かあさん』は売れに売れまくり、手塚治虫文化賞、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、日本漫画家協会賞など、数々の賞も受賞している。

     身内をネタにして揉めるのは、創作界隈ではよくある話だという。
    中略

    ほのぼのとした漫画の裏に、こんな問題があったとは──西原は、今回の騒動もしたたかに、作品のネタにするのだろうか。

    関連記事
    https://news.allabout.co.jp/articles/o/43911/
    「お母さんは、私が泣いて嫌がっても作品に描いた」

    作中では「ぴよ美」と呼ばれ、幼い頃からファンにその成長を見守られてきた西原さんの娘が、これまで非公開だった実名ツイッターアカウントとブログを公開した。母による精神的・身体的「虐待」、いじめ、登校困難、整形やリストカット、精神科への通院、1人暮らしとアルバイト生活、15年前に他界した父の名字へ改名した事実などを彼女の視点から告白し、「お母さんは、私が泣いて嫌がっても作品に描いた」「なぜ書いて欲しくないと言ったのに、私の個人情報を世間へ向けて書き続けたのか」と母を責めた内容が明るみに出たのである。

    それまで、『毎日かあさん』後半では母である西原さんのユーモラスな筆致によって「反抗期」「口もきいてくれなくなった」と描かれるままに、あのぴよ美ちゃんも大きくなって、と無邪気に受け止めていたファンにはショッキングなニュースであり、先週のSNSはその話題で大荒れに荒れた。そして「子どものプライバシーを、親がSNSなどで公開する罪」について、皆が一斉に考えた。

    全文はソースをご覧ください

    【【西原理恵子】こんな母親、、、ダメだ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    冨樫 義博(とがし よしひろ、本名同じ、1966年(昭和41年)4月27日 - )は、日本の漫画家。妻は同じく漫画家の武内直子。弟の冨樫冨樫秀昭)も漫画家。 1987年(昭和62年)に『『週刊少年ジャンプ』Winter Special』に掲載された「とんだバースディプレゼント」でデビューし、19
    22キロバイト (1,553 語) - 2022年5月24日 (火) 16:09

    (出典 auctions.afimg.jp)


    売れてるよな〜

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/05/25(水) 06:52:59.70

    冨樫義博 @Un4v5s8bgsVk9Xp (2022/05/24 15:32:04)
    とりあえずあと4話。

    (出典 pbs.twimg.com)

    http://twitter.com/Un4v5s8bgsVk9Xp/status/1528987173927522304


    村田雄介 @NEBU_KURO (2022/05/24 21:39:40)
    ご本人とのことでした。
    http://twitter.com/NEBU_KURO/status/1529079683786350592

    ★1が立った日時:2022/05/24(火) 21:57:03.01

    前スレ
    【漫画家】冨樫義博、Twitter開始 [Anonymous★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1653397023/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【冨樫義博「みんな〜フォローしてくれたら家にゴンとキルアがくるよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    村生 ミオ(漫画家)”. マンガペディア. 2022年3月21日閲覧。 ^ a b c d e f g h i “村生ミオ”. コミックナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/comic/artist/4279 2022年3月21日閲覧。  ^ a b 漫画家村生ミオ
    8キロバイト (1,002 語) - 2022年4月22日 (金) 13:04

    (出典 shop.r10s.jp)


    (笑)

    【村生ミオ「トーワイ!♬」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    山田 花子(やまだ はなこ) 日本において、文書の記入例などで女性の個人名の例としてしばしば使われる名前。男性の場合は、山田太郎である。英語圏ではジェーン・スミスに相当。 山田花子 (漫画家) - 漫画家。 山田花子 (タレント) - タレント。 石沢庸介の漫画『超人学園』の登場人物。 吉沢やすみの漫画『ど根性ガエル』の登場人物。
    809バイト (163 語) - 2021年10月31日 (日) 04:39

    (出典 pds.exblog.jp)


    かっこいい!

    1 吾輩は名無しである :2022/01/10(月) 12:04:36.09

    統合失調症を患い、投身自殺によって24歳の若さでこの世を去った漫画家・山田花子。メモ魔であったという彼女が残した日記を書籍化した『自殺直前日記』は当時(96年)ベストセラーに

    https://shibuya.uplink.co.jp/event/2014/23953


    【山田花子「生きた証をこの胸に、、、」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    藤本 タツキ(ふじもと タツキ、1992年〈平成4年〉10月10日 - )は、日本の漫画家。秋田県にかほ市出身。秋田県立仁賀保高等学校、東北芸術工科大学美術科洋画コース卒。 幼少期からよく絵を描いていた。高校1~2年頃よりウェブコミック投稿サイト「新都社」に長門は俺名義でウェブコミックをアップして
    18キロバイト (1,738 語) - 2022年4月11日 (月) 03:30

    (出典 i.ytimg.com)


    す、スタート!

    1 muffin ★ :2022/04/11(月) 00:11:21.76

    https://news.yahoo.co.jp/articles/65b807f316b0087757d648f6e42304be9c88ad61

    『チェンソーマン』などで知られる漫画家・藤本タツキ氏の完全新作読切『さよなら絵梨』が11日、漫画アプリ『少年ジャンプ+』にて配信がスタートした。自身最長となる200ページの長編作品となっている。

    作者・藤本氏は、1993年10月10日生まれの秋田県出身。読切『恋は盲目』で2013年11月期第「クラウン新人漫画賞」佳作を受賞し、同作が2014年に『ジャンプSQ.』に掲載されデビュー。その後、代表作となった初連載作品『ファイアパンチ』を16年~18年まで漫画アプリ『少年ジャンプ+』で連載し、独特な世界観と絵のタッチが話題となり、18年~20年に『週刊少年ジャンプ』で『チェンソーマン』(第1部)を連載。

    また、2021年7月には『少年ジャンプ+』にて、全143ページからなる長編読切作品『ルックバック』を掲載すると、「天才だわ」「衝撃すぎて何も言えない…」などと大きな反響を呼び、『マンガ大賞2022』のノミネート作品になった。それに続く今回の長編読切にも期待が高まる。

    『さよなら絵梨』
    https://shonenjumpplus.com/episode/3269754496858728104

    https://pbs.twimg.com/media/FPuy_TsaUAgttnb.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/FP_cDtUXEAsxHc0.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/FP_cDuoXMAMevUL.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/FP_cDuKXIAQ4u3_.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/FP_cDtgWUAEWioh.jpg


    【【速報】チェンソーマン作者の藤本タツキの新作読切『さよなら絵梨』配信スタート!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    さいとうたかを(本名:齊藤 隆夫、1936年11月3日 - 2021年9月24日)は、日本の漫画家。和歌山県和歌山市生まれ、大阪府堺市出身。東京都中野区、岩手県花巻市在住。 貸本漫画時代に劇画の分野確立した人物の一人であり、一般漫画の世界に転向後も『ゴルゴ13』はじめとする数々のヒット作品
    31キロバイト (4,593 語) - 2021年9月29日 (水) 23:47


    そんなに早く終わるつもりやったんや、、、

    1 既にその名前は使われています :2021/09/29(水) 13:07:41.13

    ゴルゴ
    鬼平


    【さいとうたかをがゴルゴ13で語っていた意外な事】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ヤマザキ マリ(1967年4月20日 - )は、日本の女性漫画家・文筆家。東京造形大学客員教授。海外暮らしが長く、現在はイタリア共和国在住。スマイルカンパニー所属。 既婚 1967年(昭和42年)、東京都に生まれる。母親(神奈川県・鵠沼出身)がヴィオラ奏者として札幌交響楽団に在籍していたことから、
    35キロバイト (4,489 語) - 2021年8月22日 (日) 02:39



    (出典 oggi.jp)


    遂に!
    素晴らしい!

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/08/24(火) 21:20:30.24 ID:CAP_USER9.net

    2021年8月24日 11:42
     
    ヤマザキマリが、8月26日13時よりテレビ朝日系列で放送される「徹子の部屋」に出演する。

    世界各国で暮らしてきた経歴を持ち、近年ではイタリアに居を構えていたヤマザキ。しかしコロナ禍でイタリアに帰れなくなり1年8カ月が経ち、イタリア人の夫とは完全に別居状態になってしまったという。
    イタリアでの生活に興味津々な黒柳徹子に、ヤマザキからはイタリアでの親戚付き合いや、姑との付き合い方など、日本人妻としての苦労話が飛び出す。
    また札幌交響楽団の創設メンバーでヴィオラ奏者だったというヤマザキの母の子育てエピソードや、イタリアとの縁をつないだ母への思いなども語られた。

    https://natalie.mu/comic/news/442132


    【ヤマザキマリ 徹子の部屋に遂に出演】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    みなもと 太郎みなもと たろう、1947年(昭和22年)3月2日 - 2021年8月7日)は、日本の漫画家。京都府京都市出身。本名は浦 源太郎(うら げんたろう)。ペンネームは本名の「源」を読み替えたもの。代表作は『ホモホモ7』『風雲児たち』。 京都市の現・北区(当時は上京区から分区以前)に生まれ
    18キロバイト (2,470 語) - 2021年8月20日 (金) 05:36



    (出典 stat.ameba.jp)


    千葉真一に続いて、、、

    1 愛の戦士 ★ :2021/08/20(金) 11:42:23.32 ID:CAP_USER9.net

    朝日新聞 8/20(金) 5:00

     歴史大河漫画「風雲児たち」で知られる漫画家みなもと太郎(みなもと・たろう、本名・浦源太郎〈うら・げんたろう〉)さんが7日、心不全で亡くなった。74歳だった。昨年から肺がんで闘病中だった。葬儀は家族で営んだ。喪主は妻静香さん。

     京都市出身。1967年にデビュー。79年に連載を始めた「風雲児たち」は、関ケ原の戦いから幕末の動乱へ至る壮大な歴史を、ギャグ漫画のタッチで生き生きと描き、歴史漫画に新しい地平を開いた。2004年に手塚治虫文化賞特別賞、20年に日本漫画家協会賞大賞を受賞。三谷幸喜さんの脚本で18年にテレビドラマ、19年に新作歌舞伎になった。続編「幕末編」を「コミック乱」(リイド社)に連載中だったが、未完に終わった。

     作品はほかに「**7」「レ・ミゼラブル」など。漫画研究家としても知られ、著書に「お楽しみはこれもなのじゃ 漫画の名セリフ」「マンガの歴史1」などがある。15~20年には手塚治虫文化賞選考委員を務めた。

    朝日新聞社
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9c5b6419e7afd4df0889daff16b0b0355dab10be
    みなもと太郎さん

    (出典 i.imgur.com)


    【【悲報】みなもと太郎までもが.....】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    東村 アキコ(ひがしむら アキコ、1975年10月15日 - )は、日本の漫画家。宮崎県串間市出身。血液型O型。女性。 宮崎県立宮崎西高等学校を卒業後、金沢美術工芸大学美術科油絵専攻に進学する。大学卒業後、電信会社のOLを勤める傍らで漫画の創作活動を開始し、1999年『ぶ〜けデラックス』NEW
    35キロバイト (4,728 語) - 2021年6月3日 (木) 01:49



    (出典 i.ytimg.com)


    そんなに!

    1 花と名無しさん :2016/10/03(月) 16:44:08.58

    東村アキコさんについてsage進行で語りましょう

    ◆このスレのルール◆
    ・しつこいキャラ叩き、作品批判禁止


    ※注意※
    こことは別に複数IDで自演してキャラ叩きや作品批判をしつこくする人が住み着いたスレがあります。隔離中なのでくれぐれも間違えないように注意してください


    【東村アキコが長男・ごっちゃんが高校一年となったことを報告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    東村 アキコ(ひがしむら アキコ、1975年10月15日 - )は、日本の漫画家。宮崎県串間市出身。血液型O型。女性。 宮崎県立宮崎西高等学校を卒業後、金沢美術工芸大学美術科油絵専攻に進学する。大学卒業後、電信会社のOLを勤める傍らで漫画の創作活動を開始し、1999年『ぶ〜けデラックス』NEW
    35キロバイト (4,728 語) - 2021年6月3日 (木) 01:49



    (出典 cancam.jp)


    (笑)

    1 花と名無しさん :2016/10/03(月) 16:44:08.58

    東村アキコさんについてsage進行で語りましょう

    ◆このスレのルール◆
    ・しつこいキャラ叩き、作品批判禁止


    ※注意※
    こことは別に複数IDで自演してキャラ叩きや作品批判をしつこくする人が住み着いたスレがあります。隔離中なのでくれぐれも間違えないように注意してください


    【東村アキコはいつも同じタイプの顔を好きになる?】の続きを読む

    このページのトップヘ