エンタメVIP速報

芸能関係のエンタメ情報や国内・国外問わず最近起きたニュース、イベントやその日にあった日常のちょっとした事など、なんでも発信していくので、新聞の代わりに見て楽しんで下さい\(^o^)/
後たまに、、、予測不可能な記事も、、、



    カテゴリ:映画 > ジブリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    フィリピン 日本 日本以外国で題名 『Spirited Away』(英語)訳:spirit away=「誘拐する、神隠しにする、忽然と連れ去る」 『千尋』(中国語、簡:寻、繁:千尋、ピンイン:Qiānyǔqiānxún、中国大陸香港題名)直訳:「千と千尋」 『神隠
    199キロバイト (27,941 語) - 2021年11月9日 (火) 22:05



    (出典 www.ghibli.jp)


    なんか奥深いな〜

    1 名無しさん@公演中 :2021/07/08(木) 16:56:14.23

    東宝舞台「千と千尋の神隠し」
    https://www.tohostage.com/spirited_away/

    2022年2・3月 東京都 帝国劇場
    2022年4月 大阪府
    2022年5月 福岡県
    2022年6月 北海道
    2022年6・7月 愛知県

    原作:宮崎駿
    翻案・演出:ジョン・ケアード

    キャスト
    千尋:橋本環奈、上白石萌音
    ハク:醍醐虎汰朗、三浦宏規
    カオナシ:菅原小春、辻本知彦
    リン:咲妃みゆ、妃海風
    釜爺:田口トモロヲ、橋本さとし
    湯婆婆・銭婆:夏木マリ、朴ろ美

    ※次スレは>>980が立てて下さい


    【宮崎駿が千と千尋の神隠しの舞台を承諾した理由が意外】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    風立ちぬ』(かぜたちぬ)は、宮崎駿による日本の漫画。『モデルグラフィックス』(大日本絵画)において、2009年4月号から2010年1月号まで連載された。本作を原作としたアニメーション映画が2013年7月20日に公開された。 タイトルは堀辰雄の同名小説からの借用である。
    16キロバイト (1,897 語) - 2021年6月13日 (日) 13:37



    (出典 www.jillthehair.jp)


    風たちぬ久しぶりやな(^^)

    1 風吹けば名無し :2021/08/27(金) 10:06:48.09 ID:DVpoZ9v90.net

    庵野二郎楽しみ


    【風立ちぬ 宮崎駿の真意に迫る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    猫の恩返し』(ねこのおんがえし)は、スタジオジブリ制作アニメーション映画。監督は森田宏幸。2002年に『ギブリーズ episode2』と同時上映で公開。 スタジオジブリ作品『耳をすませば』主人公である月島雫が書いた物語という位置付けスピンオフ。猫の男爵バロンとムーンが2作に共通して登場する
    35キロバイト (4,847 語) - 2021年8月21日 (土) 12:18



    (出典 m.media-amazon.com)


    美人過ぎ!
    ミゼラブルから注目してる!

    1 名無しさんにズームイン! :2021/08/20(金) 20:43:35.84

    ぬこー


    【猫の恩返しで見せたアン・ハサウェイの存在感!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    もののけ姫』(もののけひめ、英題: The Princess Mononoke)は宮崎駿が構想16年、制作に3年をかけた1997年にスタジオジブリが発表した長編アニメーション映画作品。興行収入193億円を記録し、当時『E.T.』が保持していた日本の歴代興行収入記録を塗り替えた。
    108キロバイト (14,639 語) - 2021年8月14日 (土) 10:08



    (出典 images.ciatr.jp)


    アシタカとサン、、、懐かしい、、、

    1 muffin ★ :2021/08/14(土) 14:29:23.10

    https://bunshun.jp/articles/-/47830

    ジブリ映画『もののけ姫』(1997年)が8月13日に「金曜ロードショー」で放送される。17歳のアシタカを演じた俳優・松田洋治さん(53)は、当初主人公であることも「知らなかったし、考えてもいなかった」まま、声の録音に臨んだという。室町時代を描いた『もののけ姫』で、アシタカの凛とした佇まいが生まれるまでの“物語”について伺った。(全3回の1回目)

    ――森繁久彌さんや森光子さん、美輪明宏さんといった大御所の出演に驚かれた。

    松田 誰もが知っている、有名な俳優さんばかり。僕は“声優”という職業はないと思っているのですが便宜上、声優という言葉を使いますけど、僕が声優として実績を持っている人間だったらこの錚々たる布陣のなかで主演を張ってもおかしくない。でも、声の業界においても、一俳優としても僕は名があったわけでもない。超有名俳優でもなく、超有名声優でもない、中途半端な存在。だから山寺宏一さんや三ツ矢雄二さんとかならともかく、「なぜ、僕なんだろう?」という強い疑問。そこはいまだに解決していないというか、引っかかってはいますね。
    中略

    ――1997年2月17日にアフレコがスタートします。『もののけ姫』のアフレコは、舞台とは違った発声法で臨まれたそうですが。

    松田 録音を重ねていって、何度もテイクを重ねていくうちに、宮崎さんの演出の狙いが自分なりに見えてきたんです。「声で芝居をするな。芝居をした結果の声が俺は欲しいんだよ」というのが一番のベースになっているのではないかと。そこが声優と呼ばれる人たち以外でキャスティングが行われた理由にもつながっていると思うんですよ。『もののけ姫』は、メインキャストもそれ以外のキャストも声の仕事をメインにされていた方がほとんどいなかった。新劇の人たちなどが参加していますから。いわゆる声優さんというのは、トキ役をやられた(島本)須美さんだけなんです。

    ――確かに『千と千尋の神隠し』(01)ではカオナシを演じた中村彰男さんを筆頭に、『もののけ姫』には文学座の俳優が多く参加しています。タタラ場の民たちを演じていますね。

    松田 声をメインとして活躍されている方たちに「声で芝居をするな」とは言えないでしょうし、そうした狙いではないからこその起用だったのではないでしょうか。

    #2「アシタカが単なる不良少年だったら、他にいくらでもいた」宮崎駿が記者会見で“目に怒り”を…『もののけ姫』秘話
    https://bunshun.jp/articles/-/47831

    ――1997年2月にアフレコが始まって、3月に赤坂プリンスホテルで制作発表会見がありました。そこで宮崎監督が、松田さんを起用した理由を尋ねられて目に怒りを表してスパッと答えたそうですね。

    松田 あれには本当にシビれましたね。大規模な記者会見だったので、アニメーションや映画を専門にしていないメディアの方も多くいらしたせいか、キャスティングの話になると「これだけのメンツを揃えて、何で一番の主役が松田洋治なんだ」みたいなムードになるんですよ。誰もはっきりとは言わないけど、その雰囲気はありありとしていて。

     で、直球ではなかったと思うのですが、「なぜに松田洋治?」という質問が飛んだ時、宮崎さんが「アシタカという少年が単なる不良少年だったら、他にいくらでもいたんです。理由はそれだけです!」と答えたわけです。その記者の方をちょっと睨むぐらいの勢い、「なんか文句あるか」という感じで、そこでその話題をピシャッと打ち切ったんです。その瞬間に、「ああ、この方はこういうふうに俳優を守るんだ」と思って。「実力でどうのこうの」みたいな言い方じゃないんですよね。たとえば「有名な人じゃなくてもどうのこうの」だったら、僕がそうではないということを肯定することになるわけだし。横にいる僕を毅然と守ってくださったのには、シビれたの一言です。


    #3声優を目指す人は「真面目ですけど80点の子が多い」5歳から子役の松田洋治53歳が考える“役者として生き残る方法”
    https://bunshun.jp/articles/-/47832


    (出典 bunshun.jp)


    (出典 bunshun.jp)


    (出典 bunshun.jp)


    全文はソースをご覧ください

    ★1:2021/08/13(金) 16:30:49.68
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1628839849/


    【もののけ姫 主人公アシタカ松田洋治の葛藤とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    火垂るの墓』(ほたるのはか)は、野坂昭如短編小説で、野坂自身戦争体験を題材とした作品である。兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、戦火下、親を亡くし、引き取り先叔母と険悪な仲にあった14歳兄と4歳妹が、終戦前後混乱中を兄妹で独立して生き抜こうとするが、結果誰にも相手にされなくなり栄養
    92キロバイト (13,071 語) - 2021年8月14日 (土) 03:05



    (出典 i-ogp.pximg.net)


    (笑)(笑)
    ほんま浜ちゃん豪快(笑)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/13(金) 22:56:15.69

    8/13(金) 22:37
    スポニチアネックス

    松本人志 浜田雅功と大物作家の「殴り合い」を回顧 「あれ以来、火垂るの墓を見られない」
    ダウンタウンの松本人志
     ダウンタウン・松本人志(57)が13日放送のフジテレビ「人志松本の酒のツマミになる話」(金曜後9・58)に出演。相方・浜田雅功(58)と作家・野坂昭如さん(2015年死去、享年85)の「殴り合い」を振り返り、スタジオの驚きを誘った。

     アニメ映画の話題となり、松本は、野坂さんの同名小説を原作とした「火垂るの墓」に触れ「(アニメ映画・火垂るの墓に)出てくる男の子は野坂さんでしょ、感動的な映画じゃないですか」とコメント。「野坂さんが後に(日テレの)『ガキの使い』に来た時に、浜田と言い合いになって殴り合いした」と続けた。

     ドッキリ風の企画でハプニングが発生したそうで、「野坂さんを軽くポンと叩いたら何ポイントとかいう、野坂さんはそれを知らんと来ていて」と説明。松本は遠慮して「何を言っているんですかってヒザをポンとしたり、肩をちょっとポーンと叩いたり」していたが、「浜田そういうのないから意外と強めにいった」という。

     すると野坂さんが憤慨。「バーンって(浜田を)殴って、そしたら浜田が野坂さんの腹バーンって。野坂さんがまたバーンって。いやいやいや、って」と展開を話しつつ、「あれ以来、火垂るの墓を見られない」と漏らした。このトークに対し、千鳥・ノブ(41)は「今の話を聞いたら、2発目の浜田さんが悪い」と冷静なツッコミを入れ、笑わせた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a09fcaef8a84a6037527b2f0b7bdfe7f610925f3


    【松本人志 火垂るの墓を見れない理由を回想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ゲド戦記』(ゲドせんき、英題:Tales from Earthsea)は、アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』の主に第3巻の「さいはての島へ」を原作とし、宮崎駿の絵物語『シュナの旅』を原案とした長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。東宝配給で2006年7月29日に劇場公開。宮崎吾
    48キロバイト (7,219 語) - 2021年4月5日 (月) 14:14



    (出典 www.amazon.co.jp)



    1 見ろ!名無しがゴミのようだ! :2008/10/09(木) 12:59:10

    ここに立てるべきなんだ


    【ゲド戦記は父・宮崎駿への挑戦状!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ゲド戦記』(ゲドせんき、英題:Tales from Earthsea)は、アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』の主に第3巻の「さいはての島へ」を原作とし、宮崎駿の絵物語『シュナの旅』を原案とした長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。東宝配給で2006年7月29日に劇場公開。宮崎吾
    48キロバイト (7,219 語) - 2021年4月5日 (月) 14:14



    (出典 www.amazon.co.jp)



    1 風吹けば名無し :2021/04/09(金) 20:54:53.56 ID:5RuQqkT40.net

    なかったので


    【ゲド戦記が4月9日放送!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ゲド戦記』(ゲドせんき、英題:Tales from Earthsea)は、アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』の主に第3巻の「さいはての島へ」を原作とし、宮崎駿の絵物語『シュナの旅』を原案とした長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。東宝配給で2006年7月29日に劇場公開。宮崎吾
    48キロバイト (7,219 語) - 2021年4月5日 (月) 14:14



    (出典 www.amazon.co.jp)



    1 見ろ!名無しがゴミのようだ! :2008/10/09(木) 12:59:10

    ここに立てるべきなんだ


    【ゲド戦記が金ローで放送!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ハウルの動く城』(ハウルのうごくしろ)は、スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。 日比谷スカラ座を筆頭に東宝系で2004年11月20日に公開された。 イギリスの作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジー小説『魔法使いハウルと火の悪魔』(原題:Howl's Moving
    59キロバイト (7,184 語) - 2021年4月3日 (土) 06:46



    (出典 namiya-movie.jp)



    1 湛然 ★ :2021/04/03(土) 05:52:15.68 ID:CAP_USER9.net

    木村拓哉は「台本持たず現場に」 スタジオジブリPが明*『ハウル』収録秘話
    『ハウルの動く城』で、声優を務めた木村拓哉。プロデューサー・鈴木敏夫氏は「台本を持たずにアフレコの現場にきて…」を秘話を明*。
    2021/04/03 00:45 RT
    https://sirabee.com/2021/04/03/20162548182/

    スタジオジブリ STUDIO GHIBLI@JP_GHIBLI
    https://twitter.com/JP_GHIBLI/status/1377963478204346371


    スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが2日、スタジオジブリ公式ツイッターの“中の人”として、ファンからの質問に回答。2004年の作品『ハウルの動く城』で声優を務めた俳優・木村拓哉のエピソードも披露した。

    ■鈴木氏が秘話を明*

    この日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)では、同作を放送。これを受け、『金曜ロードショー』の公式ツイッターでは、スタジオジブリとのコラボ企画として、同作に関する質問を募集した。

    回答するのは、ジブリ作品でプロデューサーを務める鈴木氏。「宮崎駿さんがハウルの動く城をやろうと思った理由はなんですか?」という質問に「本来動くはずのない城が動くのにチャレンジしたかったからです」と明*など、秘話を続々とファンに届けた。

    ■木村は「ドマニア」

    その中には、初めて声優に挑戦し、魔法使い・ハウル役を務めた木村に関する質問も。ハウルの声に木村を起用した理由を問われると「ハウルの声は木村さん以外にありえませんでした。娘がいいと言いました」と返信。

    収録の間、木村は「ずっとアニメについて話していました」といい「彼が好きなアニメは『サジタリウス』と『ニルスの不思議な旅』でした!かなりのドマニアでした(笑)」とアニメ好きな一面も明かした。

    ■台本なしで現場に

    さらに、「木村拓哉さんのアフレコ時に印象的だったエピソード」を求められると「台本を持たずにアフレコの現場にきて、最後まで演じきったことです」と、プロデューサーだからこそ知っている裏話を告白した。

    この収録秘話は特に反響が大きく、「すごすぎますね…ドラマでも普段からそういうスタイルなんでしょうね。かっこよ過ぎます」「さすがだとしか思えませんスーパースター!!」「どこまでも“キムタク”だし、期待を裏切らない人だよ」

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    (deleted an unsolicited ad)


    【『ハウルの動く城』が面白い6つの理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ハウルの動く城』(ハウルのうごくしろ)は、スタジオジブリ制作日本長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。 日比谷スカラ座を筆頭に東宝系で2004年11月20日に公開された。 イギリス作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズファンタジー小説『魔法使いハウルと火悪魔』(原題:Howl's Moving
    58キロバイト (7,108 語) - 2021年4月1日 (木) 16:06



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 muffin ★ :2021/04/02(金) 13:08:38.33 ID:CAP_USER9.net

    https://www.cinematoday.jp/news/N0122585

    スタジオジブリのアニメーション映画『ハウルの動く城』が、日本テレビ系「金曜ロードショー」にて今夜(2日21時~)、ノーカットで放送される。それに際し、豪華な声優陣を振り返りたい。

    同番組は、この4月より9年ぶりに「金曜ロードショー」のタイトルが復活。記念すべき1回目に放送されるのが、2004年公開の『ハウルの動く城』だ。宮崎駿が監督を務めた本作は、呪いをかけられ90歳の老婆の姿になってしまった少女・ソフィーと、ハンサムだが弱虫な魔法使い・ハウルの出会いを通して、生きる楽しさや愛の歓びを描いた物語だ。

    そんな本作には、個性が輝く実力派が勢ぞろいした。ソフィーの声優を務めたのは、倍賞千恵子。少女のソフィーの声、老婆のソフィーの声ともに倍賞が担い、主題歌「世界の約束」も歌唱している。ハウルを演じたのは木村拓哉。荒地の魔女役は美輪明宏。火の悪魔・カルシファー役は我修院達也。ハウルの弟子・マルクル役は公開当時11歳の神木隆之介。

    ハウルの師匠であり魔法使いのサリマン役は加藤治子。サリマンに仕える小姓役は伊崎充則。犬のヒン役は原田大二郎。国王役は大塚明夫が担当した。そして、かかしのカブ役を大泉洋が務めているが、大泉が所属する演劇ユニット TEAM NACS から森崎博之、安田顕、戸次重幸、音尾琢真も思わぬところに登場している点は注目だ。

     なお、「金曜ロードショー」では「春の2週連続!スタジオジブリ」と題し、2週連続でスタジオジブリ作品を放送する。1週目が今回の『ハウルの動く城』。そして次週9日が宮崎吾朗監督の長編アニメーションデビュー作『ゲド戦記』(2006)となる。(編集部・小山美咲)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    【「ハウルの動く城」金曜ロードショーで今夜。2週連続ジブリ第1弾】の続きを読む

    このページのトップヘ