田中 希実(たなか のぞみ、1999年9月4日 - )は日本の陸上競技選手。専門は中距離走、長距離走。女子1500m、女子3000mの日本記録保持者。U20世界選手権3000メートル競走金メダリスト。2020年東京オリンピック5000m参加標準記録突破者。母・千洋(旧姓小倉)は北海道マラソン2度優勝の経験を持つマラソンランナー。
23キロバイト (2,035 語) - 2021年8月2日 (月) 08:58



(出典 contents.oricon.co.jp)



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/02(月) 10:34:17.26

8/2(月) 10:08
デイリースポーツ

田中希実が日本新で準決勝進出!「目標通り」日本人初の女子1500m出場で快挙
田中希実
 「東京五輪・陸上女子1500m・予選」(2日、国立競技場)

 田中希実(豊田自動織機TC)が日本新を更新する走りで組4着に入り、準決勝進出を決めた。4分2秒33だった。卜部蘭(積水化学)とともに日本人初出場。

 自身のスタイルである先頭で引っ張る走りを五輪でも実践。最後までペースを落とさず、快挙を達成した。「日本記録を出せば準決勝にいけると思っていた。目標通りのタイムで準決勝に行けて良かったです。対応できたとは言い切れないが、イメージとしては800のラストのように粘れたのではないかと思います」とうなずいた。

 中長距離のエース。7月17日のホクレン中長距離チャレンジ・1500メートルでは、自らの持つ日本記録を更新。4分4秒08をたたき出すなど、日本記録を樹立した。

 大舞台でも記録を延ばし、「1500にこだわってきて、出場するだけでなく、準決勝に前を見据えてやってきた。これまでの取組の成果が出ているのではないか」と充実の表情を浮かべた。

 初の五輪では5000メートルにも出場。予選突破はならなかったが14分59秒93の自己ベストを出し、さらなる伸びしろを感じさせる走りを見せていた。

 卜部蘭は自己記録を大きく更新する4分7秒90で組9着だった。

 ◆田中希実(たなか・のぞみ)1999年9月4日生まれ。兵庫県出身。五輪で、女子としては初となる1500メートルの代表入りを果たした。5000メートルにも出場しており、中長距離を走る驚異のマルチランナー。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/66c868b9c63aa8c1a5c1b8c9118f3481051c9406


【じ、準決勝に!?】の続きを読む