エンタメVIP速報

芸能関係のエンタメ情報や国内・国外問わず最近起きたニュース、イベントやその日にあった日常のちょっとした事など、なんでも発信していくので、新聞の代わりに見て楽しんで下さい\(^o^)/
後たまに、、、予測不可能な記事も、、、

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    山下 穂尊(やました ほたか、1982年8月27日 - )は、日本のミュージシャン、作詞家、作曲家、ギタリスト。いきものがかりのギター(主にアコースティック・ギター)、ハーモニカを担当している。神奈川県海老名市出身。神奈川県立厚木高等学校、一浪を経て法政大学社会学部卒業。
    12キロバイト (1,563 語) - 2021年6月6日 (日) 08:32



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    元気でね!

    1 muffin ★ :2021/06/11(金) 22:52:29.76 ID:CAP_USER9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2196321/full/

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    3人組グループ・いきものがかりが11日、地元・神奈川の横浜アリーナで約6年ぶりとなる有観客ツアー『いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! THE LIVE 2021!!!』ファイナル公演を開催した。山下穂尊(Gt)が今夏をめどにグループを脱退し、表舞台に立つ芸能活動からの引退を発表しており、3人体制でのライブはこれが最後となった。

    1999年2月の結成から22年。山下のラストステージは、3人のあいさつからスタートした。リーダーの水野良樹(Gt)が「やっと、久しぶりに地元・神奈川でライブができるっていうのに、山下、抜けるってよ」と明るい口調で話を振ると、両手を振って登場した山下は「放牧(活動休止)やコロナもあって、考えた結果ではあるので、温かく背中を押していただければ。よろしくお願いします」とファンに呼びかけ、割れんばかりの拍手が贈られた。
    中略

    アンコールで2曲披露したところで山下がファンに最後のメッセージ。「この公演で僕は、いきものがかりを離れる決意をして、6月2日に発表しました。この何年か自分がいる場所をいろいろ考えたんですよね。横浜アリーナという場所に立てたことが、目標というか夢がかなったなと実感させていただいた(デビューから)15年、(結成から)22年でした」と切り出した。

    「『心の花を咲かせよう』の『日常の日々こそ奇跡』とか『ここ終わりという始まり 始まりという名の終わり』という言葉を今、噛み締めながら演奏していました。路上から始まって、一つ一つが奇跡で、今もこのような奇跡のような景色を見られていること、ここを見てこのグループを去れることを幸せに感じています。来てくれてありがとう」とファンに感謝した。

    「僕は大きな犠牲を払って、新しい世界に飛び出していこうと思います。もしよかったら、山下穂尊を温かく見守っていただけるとうれしいな。そして、何よりも、“新生いきものがかり”の2人を、より温かく見守って背中を押していただけたら、こんなに幸せなことはないと思っています。ほんとにほんとに15年、22年、ありがとうございました」とあいさつすると、会場は割れんばかりの拍手に包まれ、吉岡は目にいっぱい涙を浮かべた。

     水野が「自分たちが作った歌に自分たちが当てはまっていく」と紹介した「ありがとう」に続き、ラストナンバーは山下が高2のときに作ったという「地球」(ほし)。イントロで山下のハーモニカが響き渡ると、吉岡は「もしもあなたが遠くへ離れても きっといつかの太陽よりも強く輝きたい」と心を込めて歌い、3人の心温まるハーモニーで観客の胸を打った。

    吉岡は山下に向けて拍手を贈ると、「ありがとうございました、いきものがかりでした」とあいさつ。山下は「ありがとう」の言葉を残し、手を振ってステージを後にしたが、拍手は鳴り止むことなく、3人で再登場した。

    水野は「すごく寂しいです。だけど、これが自分たちにとっては最も自分たちらしい選択だと思います。この道が正しいと思っています」と語ると、涙をこぼし、吉岡もそっと目元をぬぐった。水野は「デビュー当時、レコード会社の方が“泣き笑いせつなポップ”というキャッチフレーズをつけてくれたんですが、まさに今の僕らの表情が泣き笑いです」と照れ笑いすると、デビュー曲「SAKURA」を万感を込めて披露した。最後は山下が「じゃあ、1本締めで。お手を拝借、よ~!」と声を張り、会場全体で1本締めした。

    吉岡はマイクを通さずに「みなさん、いい一本締めでしたか? 山下穂尊、吉岡聖恵、水野良樹は、よっちゃんは友達に戻って、私はこれから初めて友達をやりたいと思うんだけど、それでもこれからも3人のことを見ててくれるかな?」と生声であいさつ。「また、会いましょう。ありがとうございました!」と絶叫し、万雷の拍手の中、22年におよぶ2人でのライブに幕を下ろした。

    全文はソースをご覧ください


    【いきものがかり・山下穂尊が脱退前ラストライブで届けた真っ直ぐな思い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    山下 穂尊(やました ほたか、1982年8月27日 - )は、日本のミュージシャン、作詞家、作曲家、ギタリスト。いきものがかりのギター(主にアコースティック・ギター)、ハーモニカを担当している。神奈川県海老名市出身。神奈川県立厚木高等学校、一浪を経て法政大学社会学部卒業。
    12キロバイト (1,563 語) - 2021年6月6日 (日) 08:32



    (出典 www.nikkansports.com)


    ありがとう!

    1 muffin ★ :2021/06/11(金) 22:52:29.76 ID:CAP_USER9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2196321/full/

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    3人組グループ・いきものがかりが11日、地元・神奈川の横浜アリーナで約6年ぶりとなる有観客ツアー『いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! THE LIVE 2021!!!』ファイナル公演を開催した。山下穂尊(Gt)が今夏をめどにグループを脱退し、表舞台に立つ芸能活動からの引退を発表しており、3人体制でのライブはこれが最後となった。

    1999年2月の結成から22年。山下のラストステージは、3人のあいさつからスタートした。リーダーの水野良樹(Gt)が「やっと、久しぶりに地元・神奈川でライブができるっていうのに、山下、抜けるってよ」と明るい口調で話を振ると、両手を振って登場した山下は「放牧(活動休止)やコロナもあって、考えた結果ではあるので、温かく背中を押していただければ。よろしくお願いします」とファンに呼びかけ、割れんばかりの拍手が贈られた。
    中略

    アンコールで2曲披露したところで山下がファンに最後のメッセージ。「この公演で僕は、いきものがかりを離れる決意をして、6月2日に発表しました。この何年か自分がいる場所をいろいろ考えたんですよね。横浜アリーナという場所に立てたことが、目標というか夢がかなったなと実感させていただいた(デビューから)15年、(結成から)22年でした」と切り出した。

    「『心の花を咲かせよう』の『日常の日々こそ奇跡』とか『ここ終わりという始まり 始まりという名の終わり』という言葉を今、噛み締めながら演奏していました。路上から始まって、一つ一つが奇跡で、今もこのような奇跡のような景色を見られていること、ここを見てこのグループを去れることを幸せに感じています。来てくれてありがとう」とファンに感謝した。

    「僕は大きな犠牲を払って、新しい世界に飛び出していこうと思います。もしよかったら、山下穂尊を温かく見守っていただけるとうれしいな。そして、何よりも、“新生いきものがかり”の2人を、より温かく見守って背中を押していただけたら、こんなに幸せなことはないと思っています。ほんとにほんとに15年、22年、ありがとうございました」とあいさつすると、会場は割れんばかりの拍手に包まれ、吉岡は目にいっぱい涙を浮かべた。

     水野が「自分たちが作った歌に自分たちが当てはまっていく」と紹介した「ありがとう」に続き、ラストナンバーは山下が高2のときに作ったという「地球」(ほし)。イントロで山下のハーモニカが響き渡ると、吉岡は「もしもあなたが遠くへ離れても きっといつかの太陽よりも強く輝きたい」と心を込めて歌い、3人の心温まるハーモニーで観客の胸を打った。

    吉岡は山下に向けて拍手を贈ると、「ありがとうございました、いきものがかりでした」とあいさつ。山下は「ありがとう」の言葉を残し、手を振ってステージを後にしたが、拍手は鳴り止むことなく、3人で再登場した。

    水野は「すごく寂しいです。だけど、これが自分たちにとっては最も自分たちらしい選択だと思います。この道が正しいと思っています」と語ると、涙をこぼし、吉岡もそっと目元をぬぐった。水野は「デビュー当時、レコード会社の方が“泣き笑いせつなポップ”というキャッチフレーズをつけてくれたんですが、まさに今の僕らの表情が泣き笑いです」と照れ笑いすると、デビュー曲「SAKURA」を万感を込めて披露した。最後は山下が「じゃあ、1本締めで。お手を拝借、よ~!」と声を張り、会場全体で1本締めした。

    吉岡はマイクを通さずに「みなさん、いい一本締めでしたか? 山下穂尊、吉岡聖恵、水野良樹は、よっちゃんは友達に戻って、私はこれから初めて友達をやりたいと思うんだけど、それでもこれからも3人のことを見ててくれるかな?」と生声であいさつ。「また、会いましょう。ありがとうございました!」と絶叫し、万雷の拍手の中、22年におよぶ2人でのライブに幕を下ろした。

    全文はソースをご覧ください


    【いきものがかり・山下穂尊が地元神奈川で感激のラストステージ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    宮脇 咲良(みやわき さくら、1998年〈平成10年〉3月19日 - )は、日本のアイドル、YouTuber。日本の女性アイドルグループ・HKT48チームKIVのメンバーである。ならびに日韓合同グローバルガールズグループ・IZ*ONEの元メンバー。AKB48の元兼任メンバー。元子役。鹿児島県鹿児島市出身。
    62キロバイト (8,655 語) - 2021年6月11日 (金) 02:09



    (出典 www.jiji.com)


    ほんま大人になったな〜

    1 47の素敵な(東京都) (ワッチョイ cfc4-EhN6) :2021/06/14(月) 20:11:35.46

    ☆Profile
    【本名】宮脇咲良
    【公式ニックネーム】さくちゃん
    【生年月日】1998年3月19日(23歳)
    【出身地】鹿児島県
    【血液型】A型
    【身長】163cm
    【趣味】ゲーム(PC/PS4/Switch)、映画・恋愛リアリティーショー鑑賞
    【所属グループ】IZ*ONE(アイズワン)※HKT48での活動は2021年4月まで休止
    【劇場公演デビュー】2011年11月26日「手をつなぎながら」公演
    【AKB48選抜総選挙順位】
    2012年(第4回) 47位 ( 6,635票)
    2013年(第5回) 26位 ( 25,760票)
    2014年(第6回) 11位 ( 45,538票)
    2015年(第7回) 7位 ( 81,422票)
    2016年(第8回) 6位 ( 78,279票)
    2017年(第9回) 4位 ( 82,803票)
    2018年(第10回) 3位 (141,106票)

    ☆前スレ
    【IZ*ONE/HKT48】宮脇咲良応援スレ☆323【Sakura Miyawaki】
    https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/akb/1622525731/


    【HKT48・宮脇咲良が卒業ソングをバックに思い出の地を巡る】の続きを読む

    このページのトップヘ