エンタメVIP速報

芸能関係のエンタメ情報や国内・国外問わず最近起きたニュース、イベントやその日にあった日常のちょっとした事など、なんでも発信していくので、新聞の代わりに見て楽しんで下さい\(^o^)/
後たまに、、、予測不可能な記事も、、、

    カテゴリ:芸能関連 > 漫画家

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    東村 アキコ(ひがしむら アキコ、1975年10月15日 - )は、日本の漫画家。宮崎県串間市出身。血液型O型。女性。 宮崎県立宮崎西高等学校を卒業後、金沢美術工芸大学美術科油絵専攻に進学する。大学卒業後、電信会社のOLを勤める傍らで漫画の創作活動を開始し、1999年『ぶ〜けデラックス』NEW
    34キロバイト (4,590 語) - 2020年6月12日 (金) 00:02



    (出典 i.ytimg.com)


    見たい!

    1 湛然 ★ :2019/04/11(木) 05:01:41.87

    2019年04月11日
    杏:東村アキコ原作で4年ぶり連ドラ主演 年下イケメンと“偽装不倫” 

     東村アキコさんのマンガ「偽装不倫」が7月に日本テレビで連続ドラマ化され、女優の杏さんが主演を務めることが11日、分かった。杏さんが連続ドラマに出演するのは、2015年7月期の主演ドラマ「花咲舞が黙ってない」(同局系)の第2期以来、約4年ぶりとなる。ドラマは、杏さん演じる“おひとり様女子”の濱鐘子(はま・しょうこ)が、偶然出会った年下イケメンに既婚者だと嘘をつき、期間限定の恋をするラ*トーリー。杏さんは「連続ドラマ出演は4年ぶりということで、いろいろと迷う部分もありましたが、その中で大好きな東村アキコ先生原作の『偽装不倫』を出してもらい、これを全力でやってみたいという思いがふつふつと湧いてきました」と語っている。

     「偽装不倫」は、ウェブマンガサービス「LINEマンガ」で連載中の東村さんのマンガ。コミックスが2巻まで発売されており、3巻は25日に発売。32歳で独身、彼氏なしという“おひとり様女子”の鐘子は、一人旅で出会った年下のイケメンに自分は既婚者だと嘘をついてしまう。「既婚」というタグがついたことで、絶望的にモテなかった鐘子に思いがけず恋のチャンスがやってくる。男は鐘子に「この旅行の間だけでいいから、僕と不倫しましょう」と言い寄られ……という展開。不倫といううそから始まる純愛が描かれる。

     杏さんは「不倫モノは、私はなかなか共感できないのですが、この話は、実は不倫ではありません。タイトルにはドキっとさせられますが、フタを開けてみると、主人公を応援したくなる、もどかしいラ*トーリーだったりします。主人公とミステリアスな青年が出会い、この先、どうなるんだろうと、毎話待ちきれない、今までになかった作品になると思います」とコメント。

     続けて、「東村さんの作品はほとんど全部読んでいて、実写化のニュースを耳にするたびに、私も演じたかったなと思ってきたので、今回出演が決まって、とてもうれしく思っています。原作者の東村さんにも、原作ファンの方にも楽しんでいただけるドラマにしたいです。気合を入れて頑張ります。暑い夏を一緒に過ごしていただければうれしいです」と意気込みを語っている。

     原作者の東村さんは「新しいチャレンジで始めたこの連載がこんなに早くドラマ化されるとは、本当にうれしいです。しかも主人公の鐘子役を私の大好きな杏ちゃんがやってくれると聞いてびっくりしました。鐘子のイメージにぴったりです! ドラマを楽しみにしつつ、さらに連載も頑張ります!」とコメントを寄せている。

     ドラマの加藤正俊プロデューサーは「さすが、東村さん。原作マンガは、読めば読むほど次の展開が気になって仕方ない、ワクワクする物語です。そして主演はなんと、久々のドラマ出演となる杏さん。『東京タラレバ娘』と『花咲舞が黙ってない』という、私が手がけた大好きなドラマのお二人の融合が実現しました。きっと、爆発的な化学反応を起こして、面白いドラマになると確信しています。どうぞご期待ください」とアピールしている。



    7月にスタートする連続ドラマ「偽装不倫」で主演を務める杏さん=日本テレビ提供

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    https://mantan-web.jp/article/20190410dog00m200032000c.html


    【偽装不倫で杏が恋する杏が恋する年下イケメンに東村アキコも激推し!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ジョージ 秋山ジョージ あきやま、1943年4月27日 - 2020年5月12日)は、日本の漫画家。本名は秋山 勇二(あきやま ゆうじ)。 1943年、東京都の日暮里で出生。姉、兄、弟、妹それぞれ1人ずつの5人きょうだいの次男。父は在日朝鮮人の造花職人。第二次世界大戦中は栃木県田沼町に疎開した。1
    16キロバイト (2,375 語) - 2020年6月1日 (月) 14:01



    (出典 askul.c.yimg.jp)


    うそ、、、

    【【悲報】漫画家 ジョージ秋山さん、、、死去】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    なゆか(みね なゆか、1984年9月29日 - )は、岐阜県出身の漫画家、ライター。元AV女優である。ワタナベエンターテインメント所属。 日本テレビのトーク番組『恋のから騒ぎ』に稲垣那祐佳の名前で第11期生として出演(当時の肩書は19歳・服飾専門学生)。 2005年にメディアステーション(宇宙企
    14キロバイト (1,882 語) - 2020年4月8日 (水) 06:39



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    おめでとう!
    まさか旦那が漫画に登場してるとは(笑)

    【【画像あり】峰なゆかがアラサーちゃんのチャラヒゲと結婚発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    西原 理恵子(さいばら りえこ、1964年11月1日 - )は、日本の漫画家。高知県高知市出身。1988年『ちくろ幼稚園』でデビュー。前夫はカメラマンの鴨志田穣、パートナーは高須クリニック創業者で東京院院長の高須克弥(但し事実婚)。代表作は『ぼくんち』、『毎日かあさん』など多数。一般財団法人高須克弥記念財団理事長。
    31キロバイト (4,301 語) - 2019年12月23日 (月) 23:37



    (出典 esse-online.jp)


    行ってみたい!

    【漫画家の西原理恵子さんが歌舞伎町に居酒屋をオープン!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    清野 とおる(せいの とおる、1980年3月24日 - )は、日本の漫画家。エッセイスト。 東京都板橋区志村出身。東京都北区赤羽在住。 成立高等学校在学中に『ヤングマガジン増刊青BUTA』に掲載された『アニキの季節』で1998年にデビューの後、『週刊ヤングジャンプ』にて『青春ヒヒヒ』『ハラハラドキドキ』を連載。単行本化されるも絶版に。
    22キロバイト (3,359 語) - 2019年11月22日 (金) 16:59



    (出典 happier-days.com)


    おめでとう!
    結局やっぱり相性やねんな!
    お幸せに\(^o^)/

    【清野とおると壇蜜の諦め婚とは?? その真相とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ