エンタメVIP速報

芸能関係のエンタメ情報や国内・国外問わず最近起きたニュース、イベントやその日にあった日常のちょっとした事など、なんでも発信していくので、新聞の代わりに見て楽しんで下さい\(^o^)/
後たまに、、、予測不可能な記事も、、、

    カテゴリ:映画 > ジブリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ゲド戦記』(ゲドせんき、英題:Tales from Earthsea)は、アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』の主に第3巻の「さいはての島へ」を原作とし、宮崎駿の絵物語『シュナの旅』を原案とした長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。東宝配給で2006年7月29日に劇場公開。宮崎吾
    48キロバイト (7,219 語) - 2021年4月5日 (月) 14:14



    (出典 www.amazon.co.jp)



    1 見ろ!名無しがゴミのようだ! :2008/10/09(木) 12:59:10

    ここに立てるべきなんだ


    【ゲド戦記は父・宮崎駿への挑戦状!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ゲド戦記』(ゲドせんき、英題:Tales from Earthsea)は、アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』の主に第3巻の「さいはての島へ」を原作とし、宮崎駿の絵物語『シュナの旅』を原案とした長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。東宝配給で2006年7月29日に劇場公開。宮崎吾
    48キロバイト (7,219 語) - 2021年4月5日 (月) 14:14



    (出典 www.amazon.co.jp)



    1 風吹けば名無し :2021/04/09(金) 20:54:53.56 ID:5RuQqkT40.net

    なかったので


    【ゲド戦記が4月9日放送!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ゲド戦記』(ゲドせんき、英題:Tales from Earthsea)は、アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』の主に第3巻の「さいはての島へ」を原作とし、宮崎駿の絵物語『シュナの旅』を原案とした長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。東宝配給で2006年7月29日に劇場公開。宮崎吾
    48キロバイト (7,219 語) - 2021年4月5日 (月) 14:14



    (出典 www.amazon.co.jp)



    1 見ろ!名無しがゴミのようだ! :2008/10/09(木) 12:59:10

    ここに立てるべきなんだ


    【ゲド戦記が金ローで放送!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ハウルの動く城』(ハウルのうごくしろ)は、スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。 日比谷スカラ座を筆頭に東宝系で2004年11月20日に公開された。 イギリスの作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジー小説『魔法使いハウルと火の悪魔』(原題:Howl's Moving
    59キロバイト (7,184 語) - 2021年4月3日 (土) 06:46



    (出典 namiya-movie.jp)



    1 湛然 ★ :2021/04/03(土) 05:52:15.68 ID:CAP_USER9.net

    木村拓哉は「台本持たず現場に」 スタジオジブリPが明*『ハウル』収録秘話
    『ハウルの動く城』で、声優を務めた木村拓哉。プロデューサー・鈴木敏夫氏は「台本を持たずにアフレコの現場にきて…」を秘話を明*。
    2021/04/03 00:45 RT
    https://sirabee.com/2021/04/03/20162548182/

    スタジオジブリ STUDIO GHIBLI@JP_GHIBLI
    https://twitter.com/JP_GHIBLI/status/1377963478204346371


    スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが2日、スタジオジブリ公式ツイッターの“中の人”として、ファンからの質問に回答。2004年の作品『ハウルの動く城』で声優を務めた俳優・木村拓哉のエピソードも披露した。

    ■鈴木氏が秘話を明*

    この日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)では、同作を放送。これを受け、『金曜ロードショー』の公式ツイッターでは、スタジオジブリとのコラボ企画として、同作に関する質問を募集した。

    回答するのは、ジブリ作品でプロデューサーを務める鈴木氏。「宮崎駿さんがハウルの動く城をやろうと思った理由はなんですか?」という質問に「本来動くはずのない城が動くのにチャレンジしたかったからです」と明*など、秘話を続々とファンに届けた。

    ■木村は「ドマニア」

    その中には、初めて声優に挑戦し、魔法使い・ハウル役を務めた木村に関する質問も。ハウルの声に木村を起用した理由を問われると「ハウルの声は木村さん以外にありえませんでした。娘がいいと言いました」と返信。

    収録の間、木村は「ずっとアニメについて話していました」といい「彼が好きなアニメは『サジタリウス』と『ニルスの不思議な旅』でした!かなりのドマニアでした(笑)」とアニメ好きな一面も明かした。

    ■台本なしで現場に

    さらに、「木村拓哉さんのアフレコ時に印象的だったエピソード」を求められると「台本を持たずにアフレコの現場にきて、最後まで演じきったことです」と、プロデューサーだからこそ知っている裏話を告白した。

    この収録秘話は特に反響が大きく、「すごすぎますね…ドラマでも普段からそういうスタイルなんでしょうね。かっこよ過ぎます」「さすがだとしか思えませんスーパースター!!」「どこまでも“キムタク”だし、期待を裏切らない人だよ」

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    (deleted an unsolicited ad)


    【『ハウルの動く城』が面白い6つの理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ハウルの動く城』(ハウルのうごくしろ)は、スタジオジブリ制作日本長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。 日比谷スカラ座を筆頭に東宝系で2004年11月20日に公開された。 イギリス作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズファンタジー小説『魔法使いハウルと火悪魔』(原題:Howl's Moving
    58キロバイト (7,108 語) - 2021年4月1日 (木) 16:06



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 muffin ★ :2021/04/02(金) 13:08:38.33 ID:CAP_USER9.net

    https://www.cinematoday.jp/news/N0122585

    スタジオジブリのアニメーション映画『ハウルの動く城』が、日本テレビ系「金曜ロードショー」にて今夜(2日21時~)、ノーカットで放送される。それに際し、豪華な声優陣を振り返りたい。

    同番組は、この4月より9年ぶりに「金曜ロードショー」のタイトルが復活。記念すべき1回目に放送されるのが、2004年公開の『ハウルの動く城』だ。宮崎駿が監督を務めた本作は、呪いをかけられ90歳の老婆の姿になってしまった少女・ソフィーと、ハンサムだが弱虫な魔法使い・ハウルの出会いを通して、生きる楽しさや愛の歓びを描いた物語だ。

    そんな本作には、個性が輝く実力派が勢ぞろいした。ソフィーの声優を務めたのは、倍賞千恵子。少女のソフィーの声、老婆のソフィーの声ともに倍賞が担い、主題歌「世界の約束」も歌唱している。ハウルを演じたのは木村拓哉。荒地の魔女役は美輪明宏。火の悪魔・カルシファー役は我修院達也。ハウルの弟子・マルクル役は公開当時11歳の神木隆之介。

    ハウルの師匠であり魔法使いのサリマン役は加藤治子。サリマンに仕える小姓役は伊崎充則。犬のヒン役は原田大二郎。国王役は大塚明夫が担当した。そして、かかしのカブ役を大泉洋が務めているが、大泉が所属する演劇ユニット TEAM NACS から森崎博之、安田顕、戸次重幸、音尾琢真も思わぬところに登場している点は注目だ。

     なお、「金曜ロードショー」では「春の2週連続!スタジオジブリ」と題し、2週連続でスタジオジブリ作品を放送する。1週目が今回の『ハウルの動く城』。そして次週9日が宮崎吾朗監督の長編アニメーションデビュー作『ゲド戦記』(2006)となる。(編集部・小山美咲)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    【「ハウルの動く城」金曜ロードショーで今夜。2週連続ジブリ第1弾】の続きを読む

    このページのトップヘ