エンタメVIP速報

芸能関係のエンタメ情報や国内・国外問わず最近起きたニュース、イベントやその日にあった日常のちょっとした事など、なんでも発信していくので、新聞の代わりに見て楽しんで下さい\(^o^)/
後たまに、、、予測不可能な記事も、、、

    カテゴリ:芸能関連 > アーティスト

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    僕が僕じゃないみたいだ」(ぼくぼくじゃないみたいだ)は、SixTONESの楽曲。同グループの4枚目のシングルとして、SME Recordsから2021年2月17日に発売された。 表題曲「僕が僕じゃないみたいだ」は、メンバーの松村北斗森七菜とダブル主演を務める2021年2月19日公開の映画『ライ
    7キロバイト (654 語) - 2021年2月19日 (金) 22:06



    (出典 i.ytimg.com)


    おお!

    1 名無しさん? :2021/01/30(土) 09:54:40.55 ID:fFpah842.net

    !extend:che*ed
    !extend:che*ed

    ※アンチやモメサはスルー
    ※他sage禁止
    ※次スレは>>950辺りで宣言して立ててください
    ※sage進行(メール欄に半角でsageと記入)
    ※他担出入り禁止
    ※スノ話禁止
    ※オカルト話禁止
    ※悪口禁止ネガティブ書き込み禁止
    ※アンリー出禁
    ※アンチ行為厳禁
    ※1が読めない人はスルー
    ※実況は実況スレか個人スレに移動
    ※情報とおめはここで感想は個スレで
    ※次スレを立てる際は!extend:che*edを3行重ねて下さい
    皆でルールを守って 仲良く 楽しく 話しましょう^_^!

    前スレ
    【僕が僕じゃないみたいだ】SixTONES 230ズドン【2/17】
    https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/entrance/1611236639/ VIPQ2_EXTDAT: che*ed:default:1000:512:: EXT was configured


    【SixTONES、新曲「僕が僕じゃないみたいだ」で切り開く新境地】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ビリーアイリッシュ・パイレート・ベアード・オコンネル(英語: Billie Eilish Pirate Baird O'Connell、[ˈaɪliʃ]、2001年12月18日 - )は、アメリカ合衆国の女性シンガーソングライターである。2015年にSoundCloudに楽曲「Ocean
    42キロバイト (4,598 語) - 2021年2月19日 (金) 10:03



    (出典 media.gqjapan.jp)


    (笑)

    1 風吹けば名無し :2021/02/20(土) 08:51:31.59 ID:QuNIUy/F0.net

    1972年の洋楽
    TOP OF THE WORLD カーペンターズ
    TAKE IT EASY イーグルス
    ALONE AGAIN ギルバートオサリバン
    WITHOUT YOU ニルソン
    母と子の絆 ポールサイモン
    迷信 スティービーワンダー
    BLACK&WHITE スリードッグナイト
    孤独の旅路 ニールヤング
    カリフォルニアの青い空 アルバートハモンド
    片想いと僕 ロボ
    HIGHWAY STAR ディープパープル
    LESSON TO THE MUSIC ドゥービーブラザーズ
    DAY AFTER DAY バッドフィンガー
    気になる女の子 メッセンジャーズ
    BEAUTIFUL SUNDAY ダニエルブーン
    RAUNDABOUT イエス
    GUITAR MAN ブレッド


    【ビリー・アイリッシュ、自宅のすぐ外でキャンプする男性に接近禁止命令を求める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    石崎 ひゅーいしざき ひゅーい、1984年3月7日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。所属事務所はカリントファクトリー、所属レコード会社はEPICレコードジャパン。茨城県水戸市出身。血液型はA型。名の「ひゅーい」は本名。 茨城県水戸市出身。中学3年生のとき、友人に誘われ結成したバンド「mighty
    36キロバイト (2,493 語) - 2021年2月8日 (月) 10:27



    (出典 www.tfm.co.jp)


    おお!

    1 湛然 ★ :2021/01/10(日) 16:58:21.21

    菅田将暉、あいみょん、石崎ひゅーい等を手がける超人気アレンジャー、トオミヨウ。須藤晃を父に持つ知られざる音楽人生を語る【インタビュー連載・匠の人】
    2021.1.9 SPICE 取材・文=森朋之
    https://spice.eplus.jp/articles/280856
    トオミヨウ

    (出典 spice.eplus.jp)



    その道のプロフェッショナルへのインタビュー連載「匠の人」。今回登場するのは、アレンジャー、プロデューサーとして、数多くのヒット曲に関わっているトオミヨウだ。
    尾崎豊、浜田省吾などのプロデューサーとして知られる須藤晃を父に持ち、2007年から編曲家、ライブサポートなどの仕事に携わってきたトオミヨウ。菅田将暉、あいみょん、石崎ひゅーい、土岐麻子、槇原敬之、玉置浩二などのアレンジ、プロデュースを手掛け、稀代のヒットメイカーとして知られている。「歌う人に対する憧れがある」という彼に、独創的なアレンジワーク、プロデュースのスタイルについて語ってもらった。

    ――トオミヨウさんの父親は、尾崎豊さん、浜田省吾さんなどの作品を手がけてきた須藤晃さん。やはり幼少期から音楽がそばにあったんでしょうか?

    小学校の頃から、父親が持って帰ってくるCDをよく聴いてましたね。今考えると父親が務めていたソニーのアーティストばっかりなんですけど、ユニコーンとか、それこそ尾崎豊さんとか。あとは母親が好きな佐野元春さんの曲を車で聴いたり。自分でCDを買うようになってからは、B’z、Mr.Childrenとか。僕らの世代がみんな聴いていたバンドですね。

    ――マニアックな音楽ファンではなかった?

    その頃はマニアックなものにはいかなかったですね。周りには古い音楽やハードロックを聴いてる人もいたけど、僕は全然好きじゃなくて。ポップスばっかり聴いていたし、それが今の自分が作っているものにも影響している気はしますね。どこかいなたいものが好きというか。高校生になると、レッチリ、レニー・クラヴィッツ、レディオヘッド、ニルヴァーナとかを聴き始めて、あまりJ-POPを聴かない時期もありましたね。特にレディオヘッドが好きで。作品のたびに音楽性が変わりますけど、その度にすごく影響を受けてました。

    ――10代の頃から、音楽の道に進もうと思っていたんですか?

    小さい頃はあんまり考えてなかったですね。音楽はずっと好きだったし、高校生の頃は「ミュージシャンという職業はカッコいいな」と思ったりしたけど、全然違うことを仕事にするんだろうなと。祖父が医者で、後継ぎがいないって言ってたから、「お医者さんになろうかな」とか。でも気づけば文系だったから、諦めましたけど(笑)。

    ――須藤さんの仕事のことはどう思っていたんですか?

    小さいときに何度かスタジオに連れていってもらったことがあるんですけど、「みんなで曲を作ってるんだな」くらいで、具体的に何をやってるのかわかってなくて。

    ――では、音楽の仕事をはじめたきっかけは?

    大学生の頃に自分で曲を作り始めたんですよね。当時父親の会社に作業できる場所があって、ときどき使わせてもらっていて。その流れで父親の仕事を手伝うことがあって、徐々に他からも頼まれるようになったんだと思います。ただ、「手伝ってるだけではダメだな」っと思っていたし、父親にもそう言われていたので、作品は作り続けていたんです。でも、それで売れようということではなく、スキルを磨くという意味で。


    ■アーティストのやりたいことを具現化するのが自分の役割だと思ってる

    ――2007年頃からはアレンジャー、ライブサポートなどの活動が本格化します。槇原敬之さんのアルバム『悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。』(2007年)のストリングス・アレンジを担当、ツアーにも参加するなど、いきなり大きな仕事ですよね。

    槇原さんとの出会いのきっかけは、尾崎豊さんのトリビュートアルバム(『"BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』)ですね。アルバム全体を父親がプロデュースしていて、尾崎裕哉くんと僕に「息子同士で一緒にやりなよ」と声がかかって。
    裕哉くんは当時14歳くらいで、ユニット(“Crouching Boys”)を組んで1曲入れさせてもらったんです。曲は「15の夜」なんですけど、息子同士で普通にカバーしてもカッコ悪いと思って、全然違う曲にしたんですよ。


    【菅田将暉、あいみょん、石崎ひゅーい等を手がける超人気アレンジャー、トオミヨウ。須藤晃を父に持つ知られざる音楽人生を語る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    Matt(マット、1994年7月18日 - )は、日本のミュージシャン、ブライダルモデル、タレントである。東京都世田谷区出身。有限会社Life is Art所属。本名:桑田 将司(くわた まさし)。 父は桑田真澄。兄は桑田真樹。叔父は桑田泉。 7歳の時、父が肘のリハビリのために弾いていたピアノの影響を受け音楽を始める。
    10キロバイト (1,173 語) - 2021年2月16日 (火) 17:31



    (出典 i.daily.jp)


    仲いいんやねー

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/11(木) 07:46:44.54

    2/10(水) 20:05配信
    SmartFLASH

    Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

     高畑充希が、2月7日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)でMattと親友だと語った。

     MattがVTRでコメントを寄せ、高畑と初めて会った際、「みっちゃん(高畑)が僕の顔をずっと隣で見て『どうなってるの?』『そのメイクはどうなってるの?』と不思議がっているのがかわいかった」と回想。

     一緒に家具店に行ったとき、高畑に「マネキンと間違えられた」と笑った。

     2人の意外な関係に、くりぃむしちゅー・上田晋也が「ホントに友達なの?」と聞くと、高畑は「そうです」と笑顔で認める。2人は高畑がよく行く飲食店で会ったという。

     高畑は「Mattのこと好きで。約束も絶対に守るし、(私が) 酔っぱらって言ったことも絶対に覚えてて、次の日に『昨日、言ってたことだけど』と連絡をくれる。ぶっ飛び具合と品のよさが すごく好き」と語っていた。

     2人の交流にSNSではさまざまな意見が寄せられた。

    《高畑充希ちゃん、可愛いかったよ~Mattと友達って事にビックリしたよ~》

    《高畑充希とMattが仲良いのは意外すぎたw》

    《高畑充希ちゃんが「Mattああ見えてとても律儀でちゃんとしてる」って言ってたけどテレビで見ててもそれをすごく感じる。外見だけで判断されがちだけど、お育ちの良さが隠せないと言うか滲み出てるよね》

    「同番組で高畑さんは、ほかにも交流のある芸能人を明かしています。蒼井優さんとは定期的にご飯に行くそうで、共通の知人に会いに、サンフランシスコへ行ったこともあるそう。

     また、2010年放送のドラマ『Q10』(日本テレビ系)で共演した前田敦子さん、柄本時生さん、池松壮亮さんとは『10年ぐらい定期的に4人で会います』と話していました」

     番組では、『おげんさんといっしょ』(NHK総合)で共演した星野源から「ちゃんとした観察眼と意地悪ではない鋭さを持っているので話をしていて気持ちいい」とコメントされていた高畑。多彩な芸能人と交流しているのだ。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/155e38ce80315f812a562e77969075d79d2b439b


    【高畑充希とMattの知られざる親交関係…SNSでは「意外すぎたw」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    横山 だいすけ(よこやま だいすけ、1983年(昭和58年)5月29日 - )は日本の歌手、俳優。本名:横山 大介(読み同じ)。NHK『おかあさんといっしょ』の11代目うたのおにいさん。千葉県千葉市緑区おゆみ野出身。身長171cm、血液型O型。 3人兄弟の長男で、妹と弟がいる。2002年、国立音楽大
    41キロバイト (3,640 語) - 2021年2月2日 (火) 11:11



    (出典 cdn.getshifter.co)


    頑張って!

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/01/19(火) 10:01:25.27

    2021.01.19
     NHKEテレ「おかあさんといっしょ」で歌のおにいさんを務めたタレントの横山だいすけが18日、ブログを更新。この日の「おかあさんといっしょ」で、「ぼよよん行進曲」が流れたことに「ゆうぞうさん、これからも大切に、大切に歌い継いでいきます」と、昨年末に急逝した歌のお兄さんの大先輩・今井ゆうぞうさんに呼びかけた。
     「ぼよよん行進曲」は、ゆうぞうお兄さん(今井ゆうぞうさん)と、しょうこお姉さん(はいだしょうこ)が歌い、多くの子ども達や、育児中のお父さん、お母さんから絶大な人気を誇った曲。昨年末に、今井さんが脳出血で急逝してから初めて、18日の「おかあさんといっしょ」で同曲が歌われた。
     これにだいすけお兄さんこと、横山は「ぼよよん行進曲は2011年の東日本大地震以来、特別な曲になりましたが、今日みて改めて意味を持った特別な曲になったんだ。と感じました」と投稿。そして横山にとっても「ゆうぞうお兄さん・しょうこお姉さんからおかあさんといっしょのバトンを引き継いで最初のコンサートで、ゆうぞうさんとしょうこさんがゲストで出演してくださり歌ってくれたぼよよん行進曲」と特別な曲であると説明した。
     「ぼよよん行進曲の歌詞がきっとゆうぞうさんからのメッセージでもあるのかな、と僕には感じました」とも投稿し「ゆうぞうさん、これからも大切に、大切に歌い継いでいきます」と、天国の今井さんに約束していた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2021/01/19/0014016136.shtml


    【横山だいすけ 天国のゆうぞうお兄さんに約束「ぼよよん行進曲」は「大切に歌い継ぐ」】の続きを読む

    このページのトップヘ