エンタメVIP速報

芸能関係のエンタメ情報や国内・国外問わず最近起きたニュース、イベントやその日にあった日常のちょっとした事など、なんでも発信していくので、新聞の代わりに見て楽しんで下さい\(^o^)/
後たまに、、、予測不可能な記事も、、、

    カテゴリ:芸能関連 > 俳優

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    梅沢 富美男(うめざわ とみお、本名:池田 富美男、1950年11月9日 - )は、日本の俳優、歌手、タレント、コメンテーター、司会者、俳人。大衆演劇「梅沢劇団」第3代座長、株式会社富美男企画代表取締役。妻の池田明子は臨床検査技師、フィトセラピスト(植物療法士)。従甥はバドミントン選手の池田信太郎。
    33キロバイト (2,686 語) - 2021年2月23日 (火) 04:07



    (出典 img.sirabee.com)


    志村さん、、、

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/17(水) 11:51:24.64

    2/17(水) 11:04配信
    スポニチアネックス

    俳優の梅沢富美男

     俳優の梅沢富美男(70)が16日深夜放送のフジテレビ系「志村友達」(水曜深夜0・55)にゲスト出演し、昨年3月に新型コロナウイルス感染による肺炎で死去したお笑いタレント・志村けんさん(享年70)について語った。

     梅沢は、ここ数年で志村さんと共演することが増えていたといい「急だったものだからねえ、こんなこと言うとなんだけれども、役者だから言えるんだけどさ」とした上で、「よく昔から言うんだ。虎は*で皮残す、人は*で名を残すって。それを地でいったような人だね。すごかったねえ、みんながね。やっぱり役者っていうのは、そういうインパクトがあった方がいいと思うな。彼みたいな人はもう出てこないんじゃない。出ないよ。俺ははっきり言うから。何百年たったって出ないんじゃないの」としみじみと急逝を悼んだ。

     MCのアンタッチャブル・柴田英嗣(45)が「梅沢さんみたいな存在はどうなんですか?」と聞くと、「俺はまあ自称300年に1人って言ってるんだけど」と話していた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3ad47019caa7a6ab06463fc9ef0ba2a7aa911421


    【梅沢富美男 志村けんさんに「彼みたいな人は何百年たったって出ない」自分は「自称300年に1人」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    藤原 竜也(ふじわら たつや、1982年5月15日 - )は、日本の俳優。ホリプロ所属。 埼玉県秩父市出身。秩父市立秩父第二中学校卒業。堀越高等学校中退。 1997年、蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』主役オーディションでグランプリを獲得し、俳優デビューする。バービカン・センター(ロンドン)での公演にて
    59キロバイト (7,722 語) - 2021年2月7日 (日) 09:04



    (出典 image.news.livedoor.com)


    おお!

    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2020/03/15(日) 15:20:09.60 ID:vuLA0v6M.net

    俳優 藤原竜也について語りましょう。
    ・sage進行でマターリ。E-mail欄に半角で「sage」と入れてね。
    ・荒らし、アンチ、ageレス、煽りは「完全無視」。反応することは荒らしへの加担です。
    ・行き過ぎた私生活ネタ、噂話は控えてください。
    ・他役者の話題や雑談、自分語りは控えてください。
    ・質問する前に必ずググるか過去ログを読んでください。
    ・放送中の番組に対する実況行為は禁止。実況は実況板で。
    ・980踏んだら次スレ立てをお願いします。
    ※演劇中心の話題は演劇板へ
    藤原竜也について語るスレ【その25】
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/drama/1378968830/
    藤原竜也の歴史(過去ログ・ミラー)
    ttp://jbbs.livedoor.jp/music/11697/
    公式サイト
    http://www.horipro.co.jp/talent/PM016/
    前スレ 藤原竜也 122
    https://egg.5ch.net/test/read.cgi/actor/1561550934/


    【藤原竜也と竹内涼真が東京ガールズコレクション登場決定、公開生電話で質問に答える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    藤原 竜也(ふじわら たつや、1982年5月15日 - )は、日本の俳優。ホリプロ所属。 埼玉県秩父市出身。秩父市立秩父第二中学校卒業。堀越高等学校中退。 1997年、蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』主役オーディションでグランプリを獲得し、俳優デビューする。バービカン・センター(ロンドン)での公演にて
    59キロバイト (7,722 語) - 2021年2月7日 (日) 09:04



    (出典 data.smart-flash.jp)


    (笑)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/22(月) 22:54:59.37 ID:CAP_USER9.net

    2/22(月) 22:52配信
    スポニチアネックス

    俳優の藤原竜也

     俳優の藤原竜也(38)が22日放送の日本テレビのトークバラエティー「しゃべくり007」(月曜後10・00)に出演。あの俳優と18年ぶりの再会も、まさかの塩対応を見せる場面があった。

     藤原の自慢の記憶力を試すため、番組では「記憶力デスゲーム」を開催。2択を外すとセンブリ茶を飲むというものだが、ここで進行役として登場したのは俳優の小手伸也(47)。藤原とは18年ぶりの再会で「このゲームを仕切るのは小手さんしかいない」と抜てきされたという。藤原と小手は、野田秀樹氏(65)が主宰するNODA MAPの舞台「オイル」(2003年)で共演している。

     小手は「『伸也さん』『竜也くん』と呼び合った仲。飲みにも行ったし、みんなでUSJにも行った」と胸を張るが「(舞台が終わった)翌年に久しぶりにメールを送ったら、エラーメールが返ってきて、それ以来音信不通」と驚きの告白。藤原が「そんなに仲良くない…」と斬り捨てると撃沈していた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c46e3e3de7c794932a601b83fff5ae4838457e01


    【藤原竜也、あの俳優と18年ぶりの再会も…まさかの塩対応「そんなに仲良くない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    松山 ケンイチ(まつやま ケンイチ、1985年3月5日 - )は日本の俳優、モデル。本名、松山 研一(読み同じ)。愛称は、松ケン。 ホリプロ所属。青森県むつ市出身。青森県立大湊高等学校 → 東京都立代々木高等学校卒業。 妻は女優の小雪。 2001年 HORIPRO×Boon×PARCOの共同企画・ホリプロ男性オーディション「New
    41キロバイト (5,005 語) - 2021年2月12日 (金) 12:45



    (出典 realsound.jp)


    おお、、、

    1 フォーエバー ★ :2021/02/21(日) 21:34:37.74

    2月16日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に、俳優の松山ケンイチが出演。何気なく発した一言が、一部女性の逆鱗に触れたようだ。


    松山は、進行役のウエンツ瑛士とロケでうなぎ屋を訪れると、「子どもたちが好きだから、たまには贅沢させてあげようと思って、なかなかうなぎなんて食べられない」と、お土産にうなぎを購入。2011年に女優の小雪と結婚し、今や2男1女のパパである姿がすっかり板についている。

    さらに、超売れっ子芸能人夫婦であるにも関わらず、派手な生活をしていないことを告白。「すごい節約してる。10代の頃は毎週服屋行ってたけど、服を買わない。髪を切るとかも…」と明*。ここでウエンツが、散髪代を浮*ために撮影現場のヘアメイクさんに髪を切ってもらっているという松山の話を暴露した。

    松山は「必要だからやってもらっているだけ」と、ケチっているわけではないと否定しつつ、「髪が伸びてしょうがない時は自分で切ってる。あと嫁に切ってもらってる」と明*のだった。

    松山ケンイチの“嫁呼び”に女性視聴者が怒り「この発言はマズい」
    田中将大は「嫁」ではなく「妻」
    庶民的な松山のエピソードに、ネット上では

    《こういう庶民感覚は好きだな》
    《これだけ売れっ子なのにしっかりしているね。本当に良い旦那さんだ》
    《地に足つけて生きてるなぁ。節約してても惜しみない愛を子に与え伝えているんだろうな。素敵なご夫婦だね》

    など感嘆の声があがっている。しかし一部の女性たちは、〝嫁〟呼びに違和感を覚えたようで

    《松山さんのことだけでもないけど、妻のことを嫁というのが、どうも個人的にだめ。嫁って…》
    《嫁という間違った言葉を広めないでもらいたい》
    《嫁って言ってほしくなかったなぁ》
    《この発言はマズかった。「嫁」なんていったものなら、日本女性から袋叩きに合うのが今の日本ですよ》

    といった批判的な意見も寄せられてしまった。

    「1月1日放送のラジオ番組『田中将大のオールナイトニッポンNY』(ニッポン放送)では、プロ野球選手の田中将大が、妻という言葉を使いながら家族トークを展開。ゲストの中居正広から『妻なんですか? 嫁って言う人もいますけど』とツッコまれても、『妻です』と譲りませんでしたね」(芸能記者)

    女性蔑視については特に過敏になっている昨今。ちょっとした一言が、大問題になってしまうのかもしれない。

    2021/02/21 17:30
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw8975090?news_ref=50_50
    ★1:2021/02/21(日) 19:04:36.73 前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1613906063/

    (出典 i.imgur.com)


    【松山ケンイチ、女性視聴者が怒り「この発言はマズかった。女性から袋叩きに…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    岡田 健史(おかだ けんし、1999年5月12日 - )は、日本の俳優。創成館高等学校出身。 小学2年生で野球を始め、主に捕手を務めた。中学1年生の冬に初めて芸能事務所・スパイスパワーからスカウトされる。以降、5年に渡ってスカウトを受けていたが、甲子園を目指し野球に没頭していたため断り続けていた。
    21キロバイト (2,607 語) - 2021年2月10日 (水) 01:05



    (出典 i.pinimg.com)


    (笑)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/10/09(金) 18:14:40.44

    10/9(金) 16:38
    スポニチアネックス

    岡田健史「おふくろと親父を見ている感覚」 “両親”堤真一と石田ゆり子に感謝
    映画「望み」の初日舞台あいさつに出席した(左から)堤幸彦監督、石田ゆり子、堤真一、岡田健史
     俳優の岡田健史(21)が9日、都内で行われた、映画「望み」の初日舞台あいさつに、共演した俳優・堤真一(56)、女優の石田ゆり子(51)、メガホンをとった堤幸彦監督(64)とともに登壇した。

     同映画は、「クローズド・ノート」「検察側の罪人」などの雫井脩介氏によるサスペンスが原作。誰の目から見ても幸せな一家だったが、ある殺人事件で息子が関与している可能性が浮上し、加害者なのか被害者なのか、臆測と中傷が駆け巡っていくという展開が描かれている。主演の堤は石川一登役、石田は一登の妻・貴代美、岡田は2人の息子・規士を演じた。また、娘・雅役として女優の清原果耶(18)が出演している。

     劇中で家族となった、堤、石田、岡田の3人は撮影期間に入る前に、堤監督を交えて食事会を開催したという。堤は「映画の作品の内容について話すのではなく、単に食事会。とにかく一度お会いしたいということで、お願いしました」と振り返り、食事会では積極的に盛り上げ役だったと明かした。「若い岡田くんが撮影する時に“こいつ大したことない普通のおっさんや”って思う方がいい。だからくだらない話をしていた」と笑った。

     “父”堤の様子に、岡田は「その姿を見ていて、僕の親父になる人はこの人なんだ」と感じたと話し、「石田さんが“良い奥さん”として横にいた。石田さんは、本当に裏表がなくて、ずっと僕はおふくろと親父を見ている感覚。それが撮影にもつながった」と、“家族”としての絆が深まったと回顧。石田は「堤さんがいらっしゃるだけで、みんながそこに集まってくる。(休憩中も)楽屋に帰らずにセットの片隅に(みんなで)ずっといた」と、堤の存在感に感謝していた。

     スケジュールの都合でこの日の舞台あいさつを欠席した清原はメッセージ動画を寄せて「家族役の皆さんとは撮影期間中にたわいもない話をずっとしていて、愛おしくて好きでした」と話した。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/a15871639722349a1656a42c1283b93d41b067ea


    【岡田健史:「おふくろと親父を見ているような感覚に…」 石田ゆり子&堤真一と食事会】の続きを読む

    このページのトップヘ