エンタメVIP速報

芸能関係のエンタメ情報や国内・国外問わず最近起きたニュース、イベントやその日にあった日常のちょっとした事など、なんでも発信していくので、新聞の代わりに見て楽しんで下さい\(^o^)/
後たまに、、、予測不可能な記事も、、、

    カテゴリ: 芸能関連

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    aiko(アイコ、1975年11月22日 - )は、日本の女性シンガーソングライター、作詞家、作曲家。本名は柳井 愛子。大阪府吹田市出身。所属芸能事務所はbuddy go。所属レコード会社およびレーベルはポニーキャニオン。身長は152cm。ABO式血液型はAB型。公式ファンクラブは「Baby Peenats」。
    57キロバイト (6,323 語) - 2021年2月19日 (金) 01:40



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    おお!

    1 湛然 ★ :2021/02/15(月) 21:12:41.73

    aiko、『Qui* Japan』でKing Gnu井口理と雑誌初対談
    2021.2.15 18:00 BARKS
    https://www.barks.jp/news/?id=1000196892

    (出典 img.barks.jp)

    ▲『Qui* Japan』vol.154表紙

    (出典 img.barks.jp)



    aikoが表紙巻頭特集を飾る『Qui* Japan』vol.154(2月26日発売)の表紙画像と特集内容が解禁された。

    同誌初登場となるaikoの今回の特集は、全70ページにも及ぶ大特集となっている。「aikoをかたちづくるもの」をテーマに撮り下ろした、合計40ページ弱のグラビアは必見だ。また3月3日(水)発売のアルバム「どうしたって伝えられないから」のセルフライナーノーツや、1万字にも及ぶインタビューも敢行。コロナ禍におけるaikoの生活や音楽を続ける理由、女性としての自身の人生について語っている。

    また昨年2020年の『オールナイトニッポン0』での共演で「カブトムシ」のデュエットが話題となった、King Gnuのボーカル・井口理との雑誌初対談を実施。そのほか、今を代表するアーティストやクリエイター11名からの寄稿や、日頃のaikoを観察したマネージャー写メ日記、『Qui* Japan』主催のaikoエッセイ大賞(大賞は4月号で掲載)の案内など、まさに大特集という名に相応しい内容となっている。

    また、2月15日(月)放送のFM802『ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON!!-』(21:00-23:48)の番組内で「磁石」がオンエア解禁されることも発表されている。

    (中略)

    ■『Qui* Japan』vol.154
    I発売日:2月26日(金)
    定価:1,300円+税
    出版社:太田出版

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【aiko、『Quick Japan』でKing Gnu井口理と雑誌初対談】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    みどり(おか みどり、1984年7月26日 - )は、日本の歌手である。2002年に本名と同じ岡 美里(おか みさと)の芸名でテレビ・ラジオに出演。2005年より「丘みどり」に改名し、演歌歌手として活動している。 兵庫県姫路市出身。所属事務所はアービング。血液型はA型。 1984年7月26日、兵庫県姫路市で生まれた。
    19キロバイト (1,860 語) - 2021年2月18日 (木) 14:09



    (出典 nanasepn.com)


    おお!

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/09/21(月) 05:35:38.96

    9/20(日) 23:30
    東スポWeb

    丘みどりがライブハウスから2度目の生配信ライブ
    笑顔の丘みどり
     演歌歌手の丘みどり(36)が20日、都内のライブハウスで「丘みどり2020配信LIVEL Vol.2~秋麗(あきうらら)~」と題したライブの生配信をおこなった。

     配信ライブは、丘の誕生日の7月26日に実施して以来、2回目。「冬の後に訪れる、のどかな陽気のことを“春うらら”と言うのと同じように、暑い夏が終わり、過ごしやすい陽気のことを“秋うらら”言います。そんな秋の夜長を丘みどりの歌でしっとりと楽しんでいただけたらと思います」とあいさつした。

     10月7日にはデビュー15周年記念のベストアルバムをリリースする丘。今回のライブではアルバム収録曲を中心に、「霧の川」「鳰の湖」「北国、海岸線」をはじめ、ファン投票によって同アルバムに収録された「別離(さよなら)の切符」を披露した。

     ライブ中には、リアルタイムで寄せられるコメントを読み上げながら視聴者と交流。最前列から見ているような感覚を味わってもらいたいと、超至近距離からカメラで撮影するというサービスでも楽しませ、約90分にわたって全13曲を熱唱した。

    「15周年の今年、本当はたくさんコンサートをする予定だったんですが、それが全部なくなってしまい、それでも私のことを忘れずに応援してくださる皆さんに、心からの感謝の気持ちを伝えたいです」と感謝を述べ、「第3弾、第4弾と続けていけたらと思っております」と笑顔を見せた。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/5184264b8f0e38d88d52feda0a84ffcaf3964e92


    【【演歌歌手】丘みどりがライブハウスから2度目の生配信ライブ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    三吉 彩花(みよし あやか、1996年6月18日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。アミューズ所属。女性アイドルグループ・さくら学院の元メンバー。埼玉県出身。 Sugar&Spice に所属。小学1年生で読者モデルとなり、小学3年生の時に原宿でスカウトされて現在の事務所アミューズに所属。
    35キロバイト (4,606 語) - 2021年2月5日 (金) 03:19



    (出典 www.crank-in.net)


    おお!

    1 まいんすたあ ★ :2021/01/10(日) 15:44:31.73

     2010年ごろから「アイドル戦国時代」と言われはじめ、ももいろクローバーZや東京女子流、ぱすぽ☆がアイドルライブシーンを盛り上げていた。そのなかで、2010年4月に結成されたさくら学院は、中学3年生の3月で義務教育を終えると同時にグループを卒業することが決められている「成長期限定ユニット」という特殊な形をとっていた。

     さくら学院の初代生徒会長(リーダー)が武藤彩未だ。80年代アイドルを愛し、最近では『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)にも出演した武藤は、父兄(ファン)に見守られながら成長。卒業後は、女優を目指す同期の三吉彩花と松井愛莉とは違う道を選んだ。その道とは、松田聖子のようなソロアイドルだった。

    続きはソースで
    前編
    「同期の三吉彩花と松井愛莉は女優の道に進んだけど…」元アイドル24歳が目指した“松田聖子”への道 | 文春オンライン
    https://bunshun.jp/articles/-/42713
    後編
    一度は事務所を辞めて海外のべーカリーで「パンを焼いていた」24歳元アイドルが活動再開で最も苦労したこと | 文春オンライン
    https://bunshun.jp/articles/-/42714


    【「同期の三吉彩花と松井愛莉は女優の道に進んだけど…」元アイドル24歳が目指した“松田聖子”への道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ジャングルポケットは、吉本興業東京本社(東京吉本)所属のお笑いトリオ。2006年4月に結成。NSC東京校舎12期生。略称は『ジャンポケ』。 斉藤慎二 (さいとう しんじ 1982年10月26日 - )(38歳) おたけ (本名および旧芸名:武山 浩三〈たけやま こうぞう〉 1982年12月2日 -
    27キロバイト (3,488 語) - 2021年2月26日 (金) 23:31



    (出典 data.smart-flash.jp)


    サラブレッド、、、

    1 こんな名無しでは、どうしようもないよ。 :2015/11/01(日) 03:39:39.69

    ジャングルポケットを応援するスレです
    http://db.netkeiba.com/horse/1998101786/

    前スレ
    ジャングルポケット産駒応援スレ Part34
    http://kanae./uma/1401828245/


    【ジャンポケおたけ、天国のジャングルポケットへ「本当にありがとうございました」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    尾崎 (おざき ゆたか、1965年11月29日 - 1992年4月25日)は、日本のシンガーソングライター。青山学院高等部中退。血液型B型。身長178cm。既婚。息子は歌手の尾崎裕哉。兄は弁護士、裁判官の尾崎康。 1983年12月、シングル「15の夜」とアルバム『十七歳の地図』で高校在学中にデビュー。
    95キロバイト (10,820 語) - 2021年2月27日 (土) 15:07



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    おお!(笑)

    1 フォーエバー ★ :2021/02/27(土) 20:28:19.69

    第10位:街路樹
    第9位:太陽の破片
    第8位:15の夜
    第7位:ダンスホール
    第6位:卒業
    第5位:I LOVE YOU
    第4位:OH MY LITTLE GIRL
    第3位:シェリー
    第2位:FORGET-ME-NOT
    第1位:僕が僕であるために

     1980年代に青春を過ごした人から今の若者まで、幅広い世代から支持されている尾崎豊さん。思春期の葛藤や切ないラブソングなど、鮮烈な歌詞と美しいメロディで紡ぎ出された楽曲の数々は多くの人の心を動かしてきました。

     ねとらぼ調査隊では2021年1月15日~2月14日まで、尾崎さんの曲でどれが一番好きかの人気投票を実施しました。

    「尾崎豊」あなたが一番好きな曲は?【人気投票実施中】 | ねとらぼ調査隊
     1992年に、26歳というあまりにも若い年齢でこの世を去った尾崎豊さん。その死から長い年月が経った今でも、絶大な支持を得ています。尾崎さんというと一般に思春期のもどかしさや反抗心を代弁したような曲が有名ですが、実際には落ち着いたバラードやラブソングなども多く、世代を超えて愛されています。

     投票では、合計で1万1588もの票が集まりました。たくさんの投票、ありがとうございました!

    2021/02/27 19:45
    https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/127888/

    (出典 i.imgur.com)


    【【尾崎豊】人気の曲ランキングTOP10! 1位は「僕が僕であるために」に決定!】の続きを読む

    このページのトップヘ